GeForce RTX 2070をショート基板に搭載したデュアルファン採用の小型ビデオカード「DUAL-RTX2070-O8G-MINI」を発表

1月16日(木)10時45分 PR TIMES

ASUS JAPAN株式会社は、GeForce RTX 2070をショート基板に搭載したデュアルファン採用の小型ビデオカード「DUAL-RTX2070-O8G-MINI」を発表しました。2020年1月17日(金)から販売を開始する予定です。

■ DUAL-RTX2070-O8G-MINI

[画像1: https://prtimes.jp/i/17808/362/resize/d17808-362-473293-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/17808/362/resize/d17808-362-289294-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/17808/362/resize/d17808-362-933891-2.jpg ]

---------------------------------------------------
製品名 :DUAL-RTX2070-O8G-MINI
グラフィックスコア:NVIDIA GeForce RTX 2070
ブーストクロック : 1,650 MHz (OCモード時 1,680 MHz)
ベースクロック : 1,410 MHz
メモリスピード : 14,000 MHz
メモリインターフェース:256bit
ビデオメモリ:GDDR6 8GB
搭載ポート:HDMI 2.0b×1、DisplayPort 1.4×1、DVI-D×1
補助電源コネクタ : 8ピン×1
サイズ : 197 × 121 × 39mm
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2020年1月17日(金)
製品ページ : https://www.asus.com/jp/Graphics-Cards/DUAL-RTX2070-O8G-MINI/
---------------------------------------------------

〇 「DUAL-RTX2070-O8G-MINI」の主な特長

・2スロットデザイン
長さ20cm未満の2スロット設計に適合する新しい冷却ソリューションを備えており、Intel(R)NUC 9 Extremeキット、Intel(R)NUC 9 Proキット、およびその他の小型フォームファクターケースと互換性があります。 CPUにケーブル管理とエアフローのためのスペースを維持しながら、ヒートシンク、シュラウドを再設計し、ヒートパイプのレイアウトは、2つの軸方向ハイテクファンによりインテル(R)NUC 9エクストリームキットおよびインテル(R)NUC 9 Proのキットのメッシュサイドパネルを利用することができます。

・Axial-techファン設計
最新世代のトップエンドROGグラフィックスカード用に新しく設計されたこれらのファンは、大型ブレード用の小型ハブと下向きの空気圧を高めるためのバリアーリングを備えています。

・0dB テクノロジー
0dBテクノロジーにより、GPUコアの温度が55℃を下回ったときにファンの回転を止めることができ、負荷の軽いゲームを完全に静かに楽しむことができます。GPUの温度が上がると、ファンは自動的に再び回転します。

・IP5Xの防塵性能
ほこりはファンにとって最大の敵です。 ブレードを掃除するのは簡単ですが、内部に入り込んだ埃を取り除くために分解するのは簡単な作業ではありません。 幸運なことに本製品は高品質のIP5X認定防塵ファンが付属しているので、時間の経過とともにパフォーマンスが低下することを心配する必要はありません。

・オートエクストリームテクノロジー
従来のスルーホールと表面実装部品のはんだ付けは別々の段階で行う必要がありましたが、Auto-Extremeテクノロジーでは、すべてのはんだ付けを1回の工程で完了することができ、部品の熱的負荷を軽減し、洗浄薬品の過剰な使用を避けることで、信頼性の高い製品を生み出します。

PR TIMES

「ショート」をもっと詳しく

「ショート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ