アジアクエストがAI-OCRサービス「DX OCR with AI inside」を開始しました

1月16日(木)16時45分 PR TIMES

IoT、AI等のデジタル技術を活用して企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するアジアクエスト株式会社(本社所在地: 東京都千代田区飯田橋 代表取締役: 桃井純 以下、アジアクエスト)はAI-OCRサービス「DX OCR with AI inside」を開始しました。
アジアクエスト ⇒ https://www.asia-quest.jp/

[画像1: https://prtimes.jp/i/19319/61/resize/d19319-61-145340-2.jpg ]

■AI-OCRサービス「DX OCR with AI inside」サービス開始
アジアクエストは2020年1月に「DX OCR with AI inside」として、AI-OCRサービスを開始しました。
「DX OCR with AI inside」は、AI inside 株式会社の文字認識AIを活用し手書きの書類や帳票類の文字を、95%を超える読み取り精度*1で読み取り、データ化します。癖字の読み取りに加え、訂正印の読み飛ばし等も可能です。
サービスページ:https://www.asia-quest.jp/ai/dx-ocr/

また、システムに不慣れな担当者でも容易に設定、操作可能なUIを実現しています。簡単に大量の紙書類をデータ化することにより、帳票処理業務の生産性向上を図ることができます。
さらに、アジアクエストが持つ技術分野と組み合わせ、よりお客様の課題に合わせたカスタマイズが可能です。例として、RPA技術を使い、紙の書類から読み取った文字データを基幹システムに転記するなど、帳票処理業務全体を自動化することが可能となります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/19319/61/resize/d19319-61-827469-0.png ]


■アジアクエスト株式会社について
アジアクエストは、企業のDXを支援する「デジタルインテグレーター」です。通常のシステムインテグレーションだけではなく、お客様のDXを共に考えるコンサルティングから、DXに必要なデジタルテクノロジーを駆使したシステムの設計、開発、運用までを一貫して請け負います。

IoT、AI、Cloud、Mobile、Web、UI/UXの各デジタル分野の専門テクノロジーチームを有し、お客様のゴールに向けて最適なプロジェクトチームを編成します。DXに関する豊富な知見と幅広い技術力より、ビジネスモデルの有効性や技術的な課題を検証する為のPoCの実施やデジタルに対応した大規模なシステムの構築まで、スピーディーな対応が可能です。

*1 ※NTT東日本提供のデータより

プレスリリースのダウンロードはこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d19319-20200115-5876.pdf

当社の最新ニュースはこちらからご確認ください。
https://www.asia-quest.jp/news/category/press-release/

---

【会社概要】
会社名:アジアクエスト株式会社
代表者:桃井 純
設立年月:2012年4月
本社所在地:東京都千代田区飯田橋3-11-13 飯田橋 i-MARK ANNEX 6F(旧 FORECAST飯田橋)
URL:https://www.asia-quest.jp/
従業員数:約198名(令和2年1月現在)
事業内容:IoTソリューション、Webシステム・アプリ開発、
クラウド/インフラ基盤構築・運用、エンジニアアウトソーシング、
アジア向けITサービス

PR TIMES

「with」をもっと詳しく

「with」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ