ニッカが誇る上質なモルトをバランスよく重ねあわせた、香り豊かで飲みやすいピュアモルトウイスキー『竹鶴ピュアモルト』リニューアル!

1月16日(木)14時45分 PR TIMES

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、ニッカウヰスキー株式会社(本社 東京、社長 岸本健利)が製造する『竹鶴ピュアモルト』(瓶700ml)を2020年3月31日(火)からリニューアルし、数量限定で全国にて発売します。
 
[画像: https://prtimes.jp/i/16166/526/resize/d16166-526-278818-0.jpg ]

 『竹鶴ピュアモルト』は、甘くやわらかな香りと果実を思わせる華やかな香りが調和したピュアモルトウイスキーです。ふくらみのあるモルトのコク、穏やかな樽香やピート香を伴う甘くほろ苦い余韻が特長です。
 甘くやわらかな香りと華やかさを持つ宮城峡のモルト原酒をベースに、しっかりとしたモルトのコク、飲みごたえを備えた余市のシェリー樽原酒や香ばしい余韻を醸す余市のピート原酒など、ニッカウヰスキーが厳選した複数のモルト原酒を使用しています。今回のリニューアルでは、余市モルトの原酒使用比率を高めることで、コクや香ばしいピートの余韻を付与させました。
 パッケージは、ラベルに「竹鶴」のロゴを堂々と配し、創業者・竹鶴政孝のサインとニッカエンブレムをあしらうことで高級感や本格感を表現しています。
 国産ウイスキー市場の急拡大を受け、限りある原酒を有効に活用するため、年間販売数量を22,000箱(1箱=700ml×12本)に限定して発売します。

 「竹鶴」は、2000年にニッカウヰスキーが“本当においしいピュアモルトを、多くの方にもっと気軽に楽しんでいただきたい”という想いからつくった、創業者・竹鶴政孝の名を冠したフラッグシップブランドです。『竹鶴ピュアモルト』は、ニッカウヰスキーが保有する余市・宮城峡の両蒸溜所の数多くのモルト原酒の中から、原酒の貯蔵年数にこだわらず幅広い種類の原酒を使用しています。ニッカが誇るブレンダー技術を駆使することにより、華やかでバランスのとれた味わいを実現しています。

 国産ウイスキー市場の急拡大に伴う原酒不足により、「竹鶴」「余市」「宮城峡」を中心としたプレミアムウイスキーは、2015年以降出荷調整が続いています。アサヒビールは、国産ウイスキーの長期的な安定供給体制の構築を目指し、2015年から2017年にかけて約60億円を投じて、ニッカウヰスキーの生産体制を強化してきました。2017年以降、2015年比で約180%の原酒増産を行っています。さらに、2019年から2021年にかけて約65億円の設備投資を行い、余市・宮城峡の両蒸溜所でウイスキー樽の貯蔵庫増設や原酒製造に関わる設備を増強します。

【商品概要】
商品名:竹鶴ピュアモルト
アルコール分:43%
品目:ウイスキー
容量:瓶700ml
発売日:2020年3月31日(火)
発売地域:全国
価格:オープン価格 *参考小売価格:4,000円(税別)
販売数量:年間22,000箱(1箱=700ml×12本)

PR TIMES

「リニューアル」をもっと詳しく

「リニューアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ