海外出張の多い女性管理職に朗報! お客様のご要望に応えロングドレスを追加しわにならずコンパクトに持ち運べるロングドレス オンラインカスタムオーダー開始

1月16日(木)14時5分 PR TIMES

日本製D2Cブランドkay me  日本の「ものづくり技術」で実現

 「挑戦する人を応援する」を事業開発コンセプトとし、自宅で洗えるストレッチ素材のスーツやワンピースなどのアパレル・バッグ・ジュエリーを展開している日本製D2Cブランド「kay me」 (kay me株式会社 所在地:東京都中央区銀座、代表取締役:毛見純子)は、海外出張の機会が多い女性管理職からご要望をいただき、お好きなパターン(型)とお好きなジャージー素材で自分だけのワンピースが作れる「カスタムオーダーサービス」をリニューアルし、ビジネスレセプションで正礼装として着用できるロングドレス4種類を中心に新しいパターンと素材を追加いたしました。日本の職人技でカラダを美しく魅せるロングドレスも、kay meオンラインサイト(https://kayme.com/jp/)にてわずか「5ステップ」で簡単にオーダーできます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/45135/9/resize/d45135-9-267009-0.jpg ]

■女性管理職増加に伴い、女性の「海外出張」も増加 ビジネスレセプションで必要なロングドレスへの需要が高まる
 安倍政権が推し進める「女性活躍推進法」施行に伴い、2019年の女性管理職割合は平均7.7%と前年比0.5%増となり、2014年度より継続的に上昇しています※1。近年では「以前よりも海外出張の割合が増えた」と回答する男性は46%に対し女性が60%と、男性を大幅に上回る結果※2を示しています。また、海外出張が多い女性管理職の方を対象にアンケートを実施、海外出張で困ることを調査したところ「ビジネスレセプションで必要なロングドレスを持参するが荷物になり面倒」という意見が約半数を占める結果※3となりました。(※1出所:帝国データバンク「女性登用に対する企業の意識調査(2019年)」・※2 出所:日本政策投資銀行「出張マーケットに関する動向と今後」・※3 出所:kay me 調べ)

■しわにならないから丸めてバッグに収納できる、洗濯機洗いOKのロングドレス
 このたび新しく追加されたロングドレス4種は、正礼装として、ビジネスレセプションやディナー、格式高い結婚式や披露宴など着用できるパターンです。一般的なロングドレスは、しわになりやすい素材のため、専用ケースに入れて持ち運ぶ必要がありますが、kay me のロングドレスはシワにならないジャージー素材なので丸めてバッグに収納でき「持ち運びの煩わしさ」を解消します。また、洗濯機洗いができるので汗や汚れを気にせず着用することができます。そして、カラダを美しく魅せることにこだわったシンプルなデザインなので合わせるアイテムを選ばず「着回しできるロングドレス」として長くご愛用いただけます。


■日本の職人技とD2Cで実現する「自分だけのワンピース」

[画像2: https://prtimes.jp/i/45135/9/resize/d45135-9-534442-8.jpg ]



 kay me のワンピースは、ひとつひとつの型紙をできるだけ細分化し、つなぎ目にギャザーやドレープを多用することで、ファスナーを上げるだけで体型を美しく魅せる立体感が生まれます。生地はもちろん糸もすべてストレッチ素材で作られているので、1日着ていてもカラダがラクで、多くの女性に支持いただいています。「美しく、そして快適な着心地」は、日本の高い技術を持った工場や製作者でこそ製作できるワンピースです。また、カスタムオーダーにおいてもkay me が創業以来続けるD2C(Direct to Consumer)ビジネスの強みを活かし、1着58,000円(税別)〜とD2Cプライスを実現しました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/45135/9/resize/d45135-9-572999-2.jpg ]

■オーダーはオンラインでカンタン5ステップ

 カスタムオーダーは、お好きな時に気軽にkay meオンラインサイトにてオーダーができます。専用ページに従って「5ステップ」選択するだけです。(パターン(型)、サイズ、着丈、袖丈、生地)着丈や袖丈は、お客様のお好みにあわせて1cm単位でお選びいただけます。

 kay meは、「挑戦する人を応援する」をコンセプトに、「まだ満たされていないニーズ」を具現化する「マーケティングカンパニー」として、多国籍なIT人材などから成る先進的な「グローバルベンチャー」として、そして高度で繊細な「日本のものづくり技術」を 次世代へ継承するサポーターとして「サスティナブルカンパニー」を目指してまいります。

【kay me カスタムオーダーサービス】
実施店舗:kay me グローバルオンラインサイト(https://kayme.com/)
kay me 銀座本店、kay me 新宿店、kay me 梅田店
パターン(型):13パターン(ミディアム丈:9、ロング丈:3、ワンショルダーロング)
生地:ジャージー生地 32種類(ミディアム丈・ロング丈:24種類、ワンショルダーロング:8種類)
サイズ:7〜15号(着丈、袖丈は、1cm単位で調整可能)
価格(税別):ミディアム丈:58,000円〜、ロング丈:68,000円〜、ワンショルダーロング:108,000円〜
納期:約2か月

【新パターン】

[画像4: https://prtimes.jp/i/45135/9/resize/d45135-9-534442-8.jpg ]

商品名:ワンショルダードレス
価格:108,000円〜(税別)
特長:デコルテをきれいに見せてくれるだけでなく、ショルダーから腰にかけての流れが美しく体型カバーします。複雑に縫い合わされたパターンに繊細なギャザーをほどこしているので、華やかかつラグジュアリーな印象に。また、バックは控えめなギャザーでスッキリ見せ。ヒップ位置が高く見えるよう、計算されたカットラインでスタイルアップ効果を期待できます。着るだけでヒロインになる1枚です。


[画像5: https://prtimes.jp/i/45135/9/resize/d45135-9-689972-9.jpg ]

パターン:ロング丈
商品名:
左:ロングキャザードレス 中央:ロングマリリンドレス 右:ロングVキャザードレス
価格:68,000円~(税別)

【kay meとは】
「挑戦する人を応援する」を事業開発コンセプトに、自宅洗えるストレッチ素材のスーツやワンピースなどのアパレル、ビジネス女性独自の視点で開発されたバッグラインを展開している2011年に創業した日本製D2Cブランドです。「昼は仕事、夜は会食」、「移動も多く、長時間働く」忙しい女性のために、スーツやワンピースなど全アイテムが自宅で洗濯ができます。伸縮性のある、しわになりにくい素材を採用し、長時間着ていても「からだが楽」、そしてコーディネートのステップが省ける「時短性」が特長です。また「クライアント先でリュックに見えないリュック&バッグ」、「4種類の名刺と2か国の通貨が入るウォレットバッグ」などビジネス女性独自の視点で開発されたバッグラインも展開。2019年10月からは「挑戦する人 に‘力’をくれるアイテム」をコンセプトとしたジュエリーラインも受注生産としてスタート。アイテムすべてが100%「メイド・イン・ジャパン」。日本の高く精巧な技術、日本の伝統美、そして女性のカラダを美しく見せるパターンでグローバルオンラインサイトと国内6店舗を展開、世界の女性に支持されています。

■創業以来、工場とお客様を直接つなぐ「D2Cビジネス」で事業を拡大
kay me は、2011年3月の創業以来、銀座の自社デザイン室で企画・デザインを行い、日本の高い技術を有する工場に生産を依頼し、ものづくりを行っております。工場から自社オンラインサイトと直営店で販売し、コストを抑え高品質な商品をお届けするD2C(Direct to Consumer)ブランドとして、順調に事業拡大を続けてまいりました。

【会社概要】
会社名:kay me(ケイミー)株式会社
設立:2008年1月(事業開発コンサルティング会社として)
創業:2011年3月(kay me 創業)
代表者:代表取締役 毛見 純子
所在地:東京都中央区銀座4-3-10銀座中央ビル7階
店舗:グローバルオンラインサイトhttps://kayme.com
ほか6店舗(銀座、新宿、梅田、小田急新宿、羽田空港、名古屋)

【代表者略歴】 毛見 純子 (けみ じゅんこ)
[画像6: https://prtimes.jp/i/45135/9/resize/d45135-9-383568-7.png ]

大阪市出身 早稲田大学第一文学部史学科卒業
幼少のころ大阪で呉服屋の祖父母を見て育つ。大学卒業後、新卒でベネッセコーポレーションにて営業およびマーケティング職を、その後、プライス ウォーターハウスクーパースにて組織人事コンサルタントを経験。その後、ボストンコンサルティンググループにて、経営戦略コンサルタントとしてIT情報通信、製薬企業などのコンサルティングに従事。2008年マーケティングコンサルティング会社を立上げ代表に就任。おもに金融、IT情報通信、エネルギー産業に対する新規事業開発サービスを提供。その後、2011年にkay me事業を開始。2015年英国法人を設立。プロデューサーとともにリードデザイナーも務める。2016年 日本政策投資銀行「DBJ女性起業大賞」、2017年JNB「グローバル大賞優秀賞」、2015年英国商業商工会議所「2015アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」、2014年MITベンチャーフォーラムグローバルストラテジー部門優秀賞などを受賞。

PR TIMES

「海外」をもっと詳しく

「海外」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ