【独自】三菱UFJ信託銀社長に長島副社長が昇格

1月16日(木)13時21分 読売新聞

 三菱UFJ信託銀行は16日、長島巌副社長(56)が4月1日付で社長に昇格する人事を固めた。池谷幹男社長(61)は代表権のある会長に就く。

 親会社の三菱UFJフィナンシャル・グループで開かれる「指名・ガバナンス委員会」での承認を経て、取締役会で正式に決める。池谷氏は就任から4年となり、経営の若返りを図る。

 長島氏は企業年金を中心に顧客の資産運用などを行う受託財産部門での経験に加え、有価証券投資を行う市場部門の責任者も務めた。2019年からは副社長として人事やデジタル化の推進などを統括してきた。

 三菱UFJ信託は長島氏を中心に資産運用・管理事業をさらに強化し、高齢化時代に対応した信託商品の開発などを進める方針だ。

     ◇

 長島巌氏(ながしま・いわお)85年慶大経卒、三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)入行。19年4月から副社長。東京都出身。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「三菱」をもっと詳しく

「三菱」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ