恵泉女学園大学が韓国・梨花女子大学の「分かち合い・平和の女性リーダシップ講座」へ学生を派遣

1月17日(金)8時5分 Digital PR Platform




恵泉女学園大学(東京都多摩市)は、2020年1月28日(火)〜2月4日(火)まで、梨花女子大学(韓国)ホクマ教養大学の「分かち合い・平和の女性リーダーシップ講座」へ、15名の学部生と2名の大学院生を派遣する。両大学は2016年から2018年まで共同でシンポジウムを開催するなどして交流を深めており、2018年に交流協定を締結。2019年には同協定に基づいて、それぞれ短期間の特別研修講座を開設し、相互に学生の派遣・受け入れを行うプログラムをスタートしていた。




 2019年春学期(7月1日〜7日)には、梨花女子大学ホクマ教養大学(※)から恵泉女学園大学へ10名の学部生が派遣された。
 恵泉女学園大学では学生同士の交流の機会も設けながら、学園創立以来正課教育として位置づけている園芸の実体験学習と平和教育の講義を提供。梨花女子大学の学生らは、将来のグローバルリーダーとして社会園芸および市民平和教育に関する集中講義に参加し、人と生物、植物など他の生命との共存について学んだ。


 2019年秋学期(2020年1月28日〜2月4日)には、恵泉女学園大学から梨花女子大学ホクマ教養大学の「分かち合い・平和の女性リーダーシップ講座」へ、15名の学部生と2名の大学院生を派遣する。
 日韓の女性の生活と教育、女性のリーダーシップなどについてワークショップを通して学ぶプログラムで、期間中はSNSを通じて学生による講座レポートが発信される予定。


※ホクマ(HOKMA)とは、「知恵」「賢明になる」「多様な学識」という意味を持つヘブライ語であり、単なる理論的知識ではない「実践的な知識」を意味する。梨花女子大学では人材養成の基礎となる教養教育を強化するため、従来の教養教育院を拡大・再編し、専門に行う「ホクマ教養大学」を開設した。


(参考)
・梨花×恵泉2019 梨花ホクマ教養大学集中講義スケジュール
 https://www.keisen.ac.jp/other/7177.html



(参考記事)
・恵泉女学園大学が10月20日に韓国の梨花女子大学と協定を締結、記者会見を開催 -- 同日には記念シンポジウム「恵泉×梨花 女性活躍時代の新しいリーダーシップとは」も(2018.10.12)
 https://www.u-presscenter.jp/2018/10/post-40228.html



▼本件に関する問い合わせ先
恵泉女学園大学 教務課
波多真友子
住所:東京都多摩市南野2-10-1
TEL:042-376-8214
FAX:042-376-8218


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

Digital PR Platform

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ