ひろしまブランドショップTAUでは「マツダ創立100周年記念パネル展 in TAU」を開催します

1月17日(金)16時45分 PR TIMES

<開催期間:2020年1月20日(月)〜2020年2月19日(水)>

広島県の基幹産業の一つである自動車産業を代表する、自動車メーカーであるマツダ株式会社が、2020年1月30日に創立100周年を迎えます。
それを記念し、ひろしまブランドショップTAUでは、1月20日から2月19日まで「マツダ創立100周年記念パネル展 in TAU」を開催します。マツダのブランドストーリーを紹介したパネルの展示や公式グッズ(MAZDA GOODS COLLECTION)等の展示販売を行います。

「マツダ創立100周年記念パネル展 in TAU」の概要
◆日時 
[画像1: https://prtimes.jp/i/13653/357/resize/d13653-357-773641-1.jpg ]

 2020年1月20日(月)〜2020年2月19日(水) 10:30〜20:00
◆場所 
 ひろしまブランドショップTAU
 (東京都中央区銀座1-6-10 銀座上一ビルディング)
◆内容
  (階段特設コーナー)
 ブランドストーリー紹介パネルの展示
 マツダヘリテージ映像の放映
 (2階特設コーナー)
[画像2: https://prtimes.jp/i/13653/357/resize/d13653-357-882942-2.png ]

 公式グッズ(MAZDA GOODS COLLECTION)の展示販売


 ・モデルカー各種
 ・ラジコンカー
 ・キーチェーン等関連書籍の販売
[画像3: https://prtimes.jp/i/13653/357/resize/d13653-357-900254-0.jpg ]


(※参考情報)
<マツダ株式会社>
1920年1月30日に創立し、現在まで広島・山口を中心に事業を展開する自動車メーカー。1931年に同社初の自動車である三輪トラック「マツダ号」(DA型)の生産を開始し、1960年に「R360クーペ」で四輪乗用車市場に参入。その後、ロータリーエンジンを搭載した「コスモスポーツ」、第1回日本・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した「ファミリア」、世界中に愛好家がいる「ロードスター」などを展開。2000年代、「Zoom-Zoom」のブランドメッセージのもとでブランドDNAを体現した商品群を導入。現在は「SKYACTIV技術」と「魂動デザイン」を採用した「MAZDA3」や「CX-30」など「走る歓び」にあふれた車を世に送り出している。2019年3月末時点で、従業員は約5万人、年間世界生産台数は約157万台。

PR TIMES

「マツダ」をもっと詳しく

「マツダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ