【松井証券のおすすめポイントは?】 10万円以下の株取引は手数料0円(無料)! その他無料サービスと個性派投資情報も満載

1月13日(月)1時22分 ダイヤモンドオンライン

松井証券は、1948年に証券業に登録した老舗の証券会社。インターネット取引「ネットストック」を開始したのは1998年のこと。以来、「預株」「無期限信用取引」「一日信用取引」など、業界に先駆けて独特なサービスを打ち出してきた。他の証券会社とはひと味違う個性的なサービスを提供しており、ぜひ、松井証券に口座を開設して、そのメリットを享受してほしい。ここでは3つの個性派サービスを紹介しよう。


【松井証券おすすめポイント1】

→フル活用したい「無料」サービス


◆10万円以下の株取引は手数料なし


 松井証券には、「無料」で利用できるサービスがいくつかある【図1】。

































【図1】松井証券の料金無料サービス
現物株式の手数料1日の約定代金の合計が10万円まで
制度信用取引・無期制限信用の手数料1日の約定代金の合計が10万円まで
1日信用取引の手数料
新規・返済の日計り

(買い方金利・貸株料ともに、1注文約定300万円以上0.0%、300万円未満2.0%)
投資信託の手数料取り扱い投資信託191本がすべてノーロード
NISA口座現物株、ETF/ETN、REIT売買



 たとえば、松井証券の場合、現物株や信用取引の手数料は、1日の約定代金が10万円までならば無料。これは他の証券会社には見られないサービスだ。たとえば、「ETFを毎月1万円ずつ積み立てよう」と考えた時に、毎月手数料無料で積み立てができるのだ。長期的に考えればコストの大幅節約ができる。


◆信用取引ならデイトレーダー御用達


 2013年から信用取引では、1日の中で実質的に同一資金による回転売買が可能になった。そこで、デイトレーダーに大人気となったのが「一日信用取引」だ。


「一日信用取引」はデイトレードならば、新規建て、返済手数料が無料となるサービスだ。金利に関しても買い方金利で2%と業界最低水準、約定が300万円以上ならば金利も0%となる。一日信用取引口座は、2013年の1月時点で9000口座弱だったが、12月には約3万口座と急増し、人気が継続している。


 一般信用取引では、売り建てもできる点が特徴だ。2016年5月6日時点では836銘柄の売り建てが可能だ。制度信用取引では、売り建てできない銘柄についても、空売りできるチャンスが広がっている。


◆投資信託はすべて販売手数料無料!


 2016年11月より、新たに投資信託の販売がスタート。取り扱う191本の投資信託はすべて販売手数料無料のノーロード投信となっている。


 さらに、投資信託の組み合わせに頭を悩ませる人のために、「ロボアドバイザー」が無料で投資信託のポートフォリオ作りをサポートしてくれるのもメリット。松井証券の公式サイトでは、口座を持っていない人でもロボアドバイザーを体験できるので、気になる人は試してしてみるといいだろう。


◆NISA口座無料はキャンペーンでなく「恒久」


 NISA(少額投資非課税制度)口座の場合は、現物株の売買手数料が恒久無料。一般的に他の証券会社が、当初の1年間のみキャンペーンで無料となっているため、松井証券はお得感がある。


【松井証券おすすめポイント2】

松井証券の株アプリは海外指数の種類が豊富で

チャート画面では比較チャートも表示可能!


 松井証券の「株touch」は、国内株の取引に加えて、先物・オプション取引にも対応しているスマホアプリ。また、国内株では松井証券が扱っている当日が返済期限の「一日信用取引」にも対応。いずれの取引も、トップページの「スピード注文」ボタンから板情報のタップだけでスピーディに発注することが可能だ。

 マーケット情報では海外指数が14種類と、今回紹介した7社のアプリで最多なのも「株touch」の特徴。NYダウやNASAQはもちろん、S&P500、ドイツのDAX指数なども表示される。国内指数では、今年設定されて注目度の高いJPX日経400にも対応している。なお、海外指数は終値のみの表示になる。

















1ティック〜月足まで、7種類のチャート表示が可能。トレンドラインを引く際は、右下のボタンをタップする。 比較チャートを表示したところ。比較チャートでは、1分足〜月足までの期間選択ができる。  


















































株アプリの項目株アプリ詳細株アプリの項目株アプリ詳細
アプリ名
株touch
マーケット情報国内7、海外13、

為替10
対応機種Android、iPhone、iPad、

iPod touch
ランキング市場別、値上げ・値下げ、

ストップ高・安、新高安値、

出来高、売買代金、信用残、

信用倍率など
対応取引現物、信用、一日信用、先物・OP銘柄登録20銘柄×20(400銘柄)/

PC同期×
注文機能通常、逆指値、

OCO(追跡指値)/板注文○
ニュース市況ページ、

個別銘柄ページ
個別銘柄情報チャート、気配値、

ニュース、株価詳細
入出金
チャート移動平均線、ボリンジャーバンド、

一目均衡表、ヒストリカルボラティリティ、信用残など12種/横画面表示○
その他お気に入りメニュー

設定可
※2014年7月現在


>>>松井証券の口座開設はこちらから!
































松井証券【詳細情報⇒松井証券の紹介ページ】
株式売買手数料(指値)口座開設
10万円 30万円 50万円
0円300円500円


【松井証券の特長】

他社にない個々のサービスは、目的を持って取引をする投資家にとって利用価値が高い。たとえば、現物株の手数料は一日定額制の場合、10万円以下は無料。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」なども。多くの証券会社で不可能な一般信用取引の新規売建が幅広い銘柄で利用できる。また、各種特殊注文機能、無料トレードツール「ネットストックハイスピード」もあり、トレード積極派に役立つサービスやツールが充実している。投資情報では、他社では有料の「QUICKリサーチネット」が無料。チャートの形状から銘柄検索ができる「チャートフォリオ」、テーマ株探しに役立つ「テーマ投資ガイド」など、今が旬の銘柄を自分で探したい人にもおすすめ。

【関連記事】NISA口座は取扱商品と手数料で選べ!〜金融機関選びのポイントから、最新キャンペーン情報、NISA口座開設の流れまで〜①【カシコク選ぶ編】



【松井証券おすすめポイント3】

使える個性派投資情報!


 「QUICKリサーチネット」は、有料情報として提供している他社もあるが、松井証券ならば無料で見られる。企業業績については、会社予想、QBR(QUICK企業研究所)予想、QUICKコンセンサス予想が掲載されており、企業によっては3期分まで予想が掲載されている。アナリストによる企業レポートも読める。


 「チャートフォリオ」は2つのコンセプトから銘柄を見つけるツールだ。ひとつは、25種類のチャートの形から探す方法。もうひとつは、400以上のオリジナル業種から探す方法だ。これから上昇しそうなチャート形の銘柄を見つけたり、「電子書籍」関連銘柄といった、具体的な業種分類から探したりできる。


 「テーマ投資ガイド」は、テーマ株探しにもってこいのツール。キーワードを選ぶと、関連するニュースと銘柄の詳細を確認できる【図2】。キーワードは、すでに用意されたランキングから選ぶか、フリーワードで自分で入力する。ニュースは毎日約400本を配信し、ボリンジャ—バンド等のテクニカルシグナルが発生した銘柄をまとめたニュースなども配信される。



 会員向けの投資情報には、上記のほかにもデイトレーダー必見の人気銘柄ランキングがある。それが「デイトレ適性ランキング」と「デイトレ人気ランキング」だ。「デイトレ人気ランキング」は毎日18時頃更新されるデイトレードの売買代金ランキングで、会員以外でも無料で見ることができる。一方、「デイトレ適性ランキング」は値幅が大きく、流動性が高いデイトレ向きの銘柄について、取引時間中に10秒〜1分間隔で更新されるランキングで、こちらは会員であれば無料で見ることができるので、デイトレードをする際には活用してみよう!


【松井証券おすすめポイント4】

最新トレードツール


 「ネットストック・ハイスピード」は、無料で利用できる最新トレードツールだ【図3】。株取引、先物・オプション取引に対応している。注文機能、銘柄一覧、チャート、歩み値情報などがオールインワンパッケージされている。各社のトレードツールと比べても最新型といえるツールだ。



 機能の特徴のひとつが板発注だ。売り気配・買い気配の価格、注文数量が並んだ気配板上で、注文数量を設定しておき、あとはマウスだけで発注や注文訂正ができる。操作がとてもシンプルで、初心者から上級者までおすすめ。


 注文機能では、逆指値、追跡指値(逆指値と通常指値の同時発注)といった特殊注文も発注が可能だ。特に逆指値の場合、気配板上(株式スピード注文)からでも発注・注文訂正・取消が簡単にできる。


 また、シンプルに、買い気配・売り気配の2つの価格だけを見ながら注文を出す「株式2WAYスピード注文」機能もある。FX取引に慣れた人なら、こちらの方が注文が出しやすいかも。
























































































































◆桐谷さんも現在利用中という“お墨付き”だから安心!

 株初心者、株主優待投資家におすすめのネット証券5社はココだ!


(※関連記事⇒◆「株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」

         桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!)

指値(1約定ごと)※税抜会社詳細
10万円30万円50万円

◆松井証券初心者に特におすすめ!)

0円

(一日定額制の場合)
300円

(一日定額制の場合)
500円

(一日定額制の場合)



【桐谷さんが「初心者」に松井証券をおすすめする理由】

ネット証券の先駆けで、桐谷さんもよく利用している松井証券は、1日10万円までの取引は売買手数料が無料になるのが特徴。少額の株主優待銘柄に投資するなら手数料が無料になるのは魅力的だ。また、株式投資・金融情報サイト「QUICK」が無料で見られるほか、チャート分析ツール「チャートフォリオ」も無料で、桐谷さんも「とても便利でよく使う」とのこと。高配当な株主優待銘柄を探す検索機能も桐谷さんのお気に入り。

【関連記事】

◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!

◆松井証券のおすすめポイントはココだ!〜松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!



◆SBI証券(みんなにおすすめ!)
139円272円
272円



【桐谷さんがSBI証券をおすすめする理由】

桐谷さんも利用しているSBI証券は「株主優待検索」で「優待利回り」「優待がある5万円以下の銘柄」などのほか、「ファッションの優待」などジャンル別で銘柄を絞り込めるので、優待投資家には便利。また、30年チャートが表示できるので長期保有する際に参考になる。桐谷さんも投資する前には30年チャートをよく参考にするそうだ。ただし、手数料はそれほど安くはないので、売買回数が多い人は注意。

【関連記事】

◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!

◆SBI証券のおすすめポイントはココだ!〜IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手



◆GMOクリック証券(売買手数料が安くておすすめ!)
88円241円
241円



【桐谷さんがGMOクリック証券をおすすめする理由】

手数料の安さに魅かれて桐谷さんが口座開設をしたGMOクリック証券。また、GMOグループの株を保有する桐谷さんにとってはGMOアドパートナーズやGMOインターネット、GMOクラウド、GMOパペポなどの優待を使うことで1年間に2万〜3万円の株式取引手数料が無料になるため「GMOクリック証券は積極的に使っている」(桐谷さん)。桐谷さんが利用しているのは「一約定ごと」の手数料コースだ。

【関連記事】

◆GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!〜コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長

◆GMOクリック証券の株アプリ/株roid/iClick株を徹底研究!〜適時開示情報やアナリストレポートも過去90日分が読める!



◆ライブスター証券(売買手数料が最安レベルでおすすめ!)
80円180円
180円



【桐谷さんがライブスター証券をおすすめする理由】

2011年に知人が講師を務める「初心者セミナー」に参加するために口座を開設したライブスター証券だが、ちょうど2カ月間手数料無料キャンペーンを実施していたため、「2カ月間、必死で売買しました」(桐谷さん)。手数料無料キャンペーンを実施していなくても手数料はネット証券でも最安レベルなので、現在も利用している。桐谷さんが利用しているのは一約定ごとの手数料コースで、10万円まで86円(税込)、20万円までで104円(税込)と「手数料が安いので使っています」(桐谷さん)

【関連記事】

◆ライブスター証券のおすすめポイントはココだ!〜日本株現物手数料はあらゆる価格帯で最安値

◆【ライブスター証券の株アプリ/livestar Sを徹底研究!】特殊注文&長期間の注文に対応。手数料の安さも魅力!



◆岩井コスモ証券(少額取引が多い個人投資家に特におすすめ!

80円

(一日定額制の場合)

240円

(一日定額制の場合)

400円

(一日定額制の場合)



【桐谷さんが岩井コスモ証券をおすすめする理由】

桐谷さんが「手数料が安い」ことから、2000年頃から利用していた岩井コスモ証券。その後ワケあって他社へ株券を移管する際、スピーディーな対応をしてくれたことに恩義を感じて、現在に至るまで取引を続けている。桐谷さんが利用しているのは一日定額(アクティブコース)10万円まで86円(税込)、20万円までだと172円(税込)となり、「10万円超20万円以下では松井証券より安くなるので、投資金額が安い株は岩井コスモ証券で売買する」(桐谷さん)。少額取引が多い個人投資家にはおすすめだ。



◆東海東京証券(女性に特におすすめ!
1500円1500円1725円


【桐谷さんが「女性」に東海東京証券をおすすめする理由】

桐谷さんが「特に初心者の女性投資家におすすめ」というのが東海東京証券。「乙女のお財布」という女性投資家向け特設サイトがあり、「オススメ優待銘柄」「中長期・値上がり期待銘柄」などのジャンル別でおすすめの銘柄を教えてくれるので、初心者には銘柄選びの手助けになる。また、女性専用の電話サポートも用意されているほか、女性限定セミナー、イベントも。ただし、手厚いサポートの分、手数料は高め。


ダイヤモンドオンライン

「松井証券」をもっと詳しく

「松井証券」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ