千葉県佐倉市、初のクラウドファンディングで目標を超える180%の資金調達を達成!〜佐倉市版「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」でママ・パパ・赤ちゃんを応援〜

1月19日(火)17時46分 PR TIMES

 千葉県佐倉市は、市で初となる、クラウドファンディングによりふるさと納税を募る取組を実施したところ、開始46日目でプロジェクトの目標寄附金額を達成し、最終的に180%を超える寄附をいただきました。
 いただいた寄附金は、地域全体で、ママ・パパ・赤ちゃんを見守る環境づくりを推進するために活用いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/24449/125/resize/d24449-125-919221-3.jpg ]




1.クラウドファンディング概要
■プロジェクトタイトル
 佐倉市版「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」で赤ちゃんに「泣いてもいいよ!」の気持ちを伝えたい!
■実施期間
 2020年11月2日(月)から2021年1月15日(金)まで(75日間)
■目標金額
 100万円
■調達金額
 1,822,000円(企業版ふるさと納税の500,000円を含む)
■寄附の使い道
 赤ちゃんを見守る人やお店を「見える化」し地域で子育てを応援するため、以下のような事業に活用します。
・「泣いてもいいよ!」ステッカー、キーホルダー、缶バッジなどのグッズを作成し、子育て中のママ・パパ、子育てをサポートする地域の方々に配布。
・「泣いてもいいよ!」ポスターを作成し、賛同いただけるお店や医療機関等で掲示。

[画像2: https://prtimes.jp/i/24449/125/resize/d24449-125-735080-4.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/24449/125/resize/d24449-125-545551-7.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/24449/125/resize/d24449-125-918553-6.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/24449/125/resize/d24449-125-357555-5.jpg ]


2.「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」について
 ウェブメディア「ウーマンエキサイト(エキサイト株式会社運営)」が立ち上げ、展開しているプロジェクトです(2020年、厚生労働省が表彰する「第9回 健康寿命をのばそう!アワード(母子保健分野)」で厚生労働省子ども家庭局長賞企業部門優良賞を受賞)。
 ママやパパが赤ちゃんの泣き声に悩み、追い詰められてしまうことがないように、周囲の人の「大丈夫、泣いてもいいよ」という思いを可視化する「泣いてもいいよ!」ステッカーなど啓発グッズを作成しています。
 本プロジェクトに賛同する自治体数は、15県、10市区町で、佐倉市は千葉県内で賛同する唯一の自治体です。
[画像6: https://prtimes.jp/i/24449/125/resize/d24449-125-122934-1.png ]

【お問合せ先】
■クラウドファンディングに関すること
佐倉市役所 企画政策部 地域創生課
TEL:043-484-6748
■「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」に関すること
佐倉市役所 健康こども部 子育て支援課
TEL:043-484-6246

PR TIMES

「赤ちゃん」をもっと詳しく

「赤ちゃん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ