モデルナ、スパイクバックス(R)筋注の新規剤形として0.5mlバイアル製剤を承認申請

2024年1月19日(金)13時17分 PR TIMES

Moderna Inc.(以下、「モデルナ」)の日本法人モデルナ・ジャパン株式会社(東京都港区、以下、「モデルナ・ジャパン」)は本日、新型コロナワクチンのスパイクバックス(R)筋注の新規剤形について、厚生労働省に承認申請を行いましたのでお知らせいたします。今回申請した新規剤形は以下の通りです。
- 0.5mlバイアル製剤

なお、この新規剤形は、2023年9月に開始された予防接種法上の特例臨時接種において使用されることはありません。モデルナについて
モデルナは、mRNA医薬品分野における革新的リーダーです。mRNA技術の進展を通して、モデルナは医薬品の製造方法を根本から変え、疾患の治療と予防へのアプローチを変革し続けています。モデルナは10年以上にわたって科学、技術、健康分野の研究に取り組んでおり、前例のないスピードと効率性で医薬品を開発しています。新型コロナワクチンの開発はその代表例です。モデルナのmRNAプラットフォームは、感染症、免疫腫瘍学、希少疾患、自己免疫疾患の治療薬やワクチンの開発を可能にしています。独自の企業文化と価値観、マインドセットを共有する世界の社員が力を合わせ、人々の健康に貢献するため、そしてmRNA医薬品を通じて、人々に最大限のインパクトをもたらすべく尽力しています。モデルナの詳細については、modernatx.comをご覧ください。また、X(旧Twitter)、Facebook、Instagram、YouTube、LinkedInをフォローしてください。

PR TIMES

「モデルナ」をもっと詳しく

「モデルナ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ