禎子の折り鶴を世界中の人に届けるプロジェクトが発足「商品第一号をオバマ元大統領に届ける」

1月20日(水)17時46分 PR TIMES

金属部品メーカーが禎子さんが最後に折った折り鶴の実物を3Dスキャンし、そのデータを用いて金属化・量産を目指す

金属部品メーカーの株式会社キャステム(広島県福山市、代表取締役:戸田拓夫)と一般社団法人 禎子の折り鶴は、2021年1月19日(火)に「禎子の折り鶴を世界中の人に届けるプロジェクト」を発足致しました。今回、禎子さんが最後に折った折り鶴(実物)を3Dスキャンすると共に、そのスキャンデータを用いてこれまで培ってきた技術で金属化・量産し、紙製の折り鶴を金属製の永遠の折り鶴としてよみがえらせ、『SADAKO』 と命名し世界中の人のもとへ届けます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/35017/78/resize/d35017-78-315180-2.jpg ]


・禎子の折り鶴について
広島に原爆が投下された1945年、当時2歳の佐々木禎子さんは被爆し、10年後の12歳の時に白血病を発症され亡くなりました。禎子さんが闘病生活中に1000羽以上の「病気の回復の願い」を込めて折った鶴が『禎子の折り鶴』と呼ばれています。現在では、「平和への想い」「世界平和と幸福の祈願」のシンボルとしての意味を持っています。

・禎子の折り鶴の現状
現在、「禎子の折り鶴」は、佐々木家と広島平和記念資料館内に残るものを合わせ100羽程度しか残っていません。日本及び世界各地から「禎子の折り鶴」の寄贈の依頼が佐々木家にありますが、数に限りがあるため、全てのご要望にお応えすることができない状況となっています。又、折り紙は紙ゆえに色の退色や紙自体の劣化があるため、その保存には専門的な知識と設備が必要となります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/35017/78/resize/d35017-78-427275-1.jpg ]


・今回のプロジェクトについて
キャステムは、2017年より著名人の身体の一部や道具、歴史的な建造物等を本物から型取り、3Dスキャンをして忠実に商品化するブランド 『History Maker(https://www.history-maker.jp/)』を展開しています。広島県の企業として、平和の象徴でもある折り鶴で何か発信できることがないかとの想いから、キャステムのこれまでの取り組み、オンリーワンの技術を活かして、「禎子の折り鶴」を金属化・量産し、世界中の人のもとへ届けることとなりました。

・今後の展望について
世界中の人に禎子さんの想いを届けます。お守り・キーホルダー・アクセサリー化し、広島平和資料館を始め、特設サイトを設け世界に向けての販売を予定しております。発売日につきましては広島に原爆が投下された8月6日、若しくは禎子さんの命日である10月25日を視野に入れ取り組みます。
※営利を目的にした商品ではない為、たくさんの方のもとに届けやすい価格帯に致します。
※売上の一部は寄付を致します。

・オバマ元大統領への寄贈について
本年、12月7日(現地時間)にハワイにて「パールハーバー開戦80周年追悼式典」が予定されております。そこで、オバマ元大統領を招聘し、オバマ元大統領が「平和の象徴である広島に捧げる真心・誠意」を込めて折ってくださった「折り鶴」に対して、禎子さんが自身の「折り鶴」に織り込み託した「願いや想い」を『SADAKO』に乗せてお贈りしたいと考えております。

・佐々木禎子さんの兄・佐々木雅弘様のコメント
平和を発信する場所が無限に広がるという喜びが大きいです。
レプリカということではなく、禎子を3D技術で心と共によみがえらせていただくということで『SADAKO』として使ってほしいです。そして、禎子の折り鶴で心と心の繋がりを世界中の方と共有できたらという想いで進めていきます。


【株式会社キャステムについて】
ロストワックス精密鋳造・メタルインジェクション(MIM)の技術を用いて、電車・工作機械・医療機器等あらゆる産業の精密部品の製造販売を主軸としています。
又、製造業の中で、いち早く3Dプリンターや3Dスキャナを導入し、従来のアナログ技術と最新のデジタル技術を融合させ、個人のお客様を対象としたストーリー性のある商品の企画・製造・販売を開始。その一つが著名人の体の一部や全身等をカタチにするブランド 『History Maker』です。フィリピンの英雄であるマニー・パッキャオ選手を筆頭に、アイドル・スポーツ選手等、これまでに数々の事例を作り上げており、今、世界から注目されているブランドです。

【一般社団法人禎子の折り鶴の取り組みについて】
・折り鶴のキセキ予告第1弾 
https://youtu.be/U91oB7T9a9E

・折り鶴のキセキ予告映像第2弾 
https://youtu.be/t8fDDBOeMfU

・クラウドファンディング 映画「折り鶴のキセキ」制作
https://readyfor.jp/projects/orizuru-kiseki

【本商品に関するお問い合わせ先】
株式会社キャステム担当:広報
TEL:084-955-2221
E-mail:koho@castem.co.jp

PR TIMES

「折り鶴」をもっと詳しく

「折り鶴」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ