亀岡ふるさとエナジー株式会社が市内メガソーラーより電力の買取開始

1月21日(月)11時30分 @Press

亀岡市、亀岡商工会議所および地元金融機関等が出資する地域新電力会社である亀岡ふるさとエナジー株式会社(本社:京都府亀岡市)と、東京センチュリー株式会社(本社:東京都千代田区)および京セラ株式会社(本社:京都府京都市)が共同出資する京セラTCLソーラー合同会社(本社:東京都千代田区)は、再生可能エネルギー引渡契約を締結しました。これにより、2019年1月1日より亀岡ふるさとエナジー株式会社は、京セラTCLソーラー合同会社が京阪メガソーラー株式会社(本社:京都府亀岡市)と共同で企画・開発した「京都・亀岡メガソーラー発電所」(所在地:京都府亀岡市 出力:3,000 kW)で発電された電力の買い取りを開始しました。
亀岡ふるさとエナジー株式会社は市内の公共施設を中心に約50施設(契約規模:約3,000 kW)に対して電力を供給していますが、このことにより供給する電力のうち約60%を亀岡市内で発電された再生可能エネルギーから調達することになります。亀岡ふるさとエナジー株式会社が設立当初から事業目的の一つとしていた、エネルギーの地産地消により地域活性化を目指す取り組みが本格化しました。
また、今回の連携をきっかけに、亀岡ふるさとエナジー株式会社と京セラTCLソーラー合同会社は地域貢献、地方創生、環境保全事業の推進等に向け協働し、今後も亀岡市の振興と発展に寄与してまいります。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/175440/img_175440_1.jpg
京都・亀岡メガソーラー発電所

■「京都・亀岡メガソーラー発電所」の概要
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/175440/table_175440_1.jpg


■「亀岡ふるさとエナジー株式会社」の概要
表2: https://www.atpress.ne.jp/releases/175440/table_175440_2.jpg


■京セラTCLソーラー合同会社
表3: https://www.atpress.ne.jp/releases/175440/table_175440_3.jpg









詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「亀岡」をもっと詳しく

「亀岡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ