日本市場におけるNBAジャージー 売り上げトップは渡邊雄太!チームグッズの売り上げトップはロサンゼルス・レイカーズ

1月21日(月)16時30分 @Press

2019年1月21日(日本時間)— NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)は2018-2019シーズンの第1四半期(2018年10月17日〜12月31日)のファナティクスが運営する日本のNBA公式オンラインストアであるNBAStore.jpでのジャージー売り上げランキングを発表し、メンフィス・グリズリーズの渡邊雄太のジャージーがトップセールスを記録しました。

渡邊に次いで、2位に3度の優勝経験があるレブロン・ジェームズ、3位にオールスターに12回選出されているドウェイン・ウェイドが続きます。

日本でのトップセールスを記録した、渡邊雄太は2018年7月にメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を結び、2018-19シーズンの開幕ロスター入り。2004年の田臥勇太以来14年ぶりの日本人NBA選手としてのデビューを果たしました。ここまで7試合に出場し、出場試合数、出場時間、総得点数で田臥を抜き、日本人として歴代トップに立っています。

グリズリーズの傘下チームであるNBA Gリーグのメンフィス・ハッスルでは、出場した全18試合で先発出場。平均13.3得点、8.1リバウンド、2.8アシストを記録し、主力として活躍を続けています。

チームグッズの売り上げトップはロサンゼルス・レイカーズ。次いで、2位がゴールデンステイト・ウォリアーズ、3位がメンフィス・グリズリーズです。

※2018-19シーズン開始の2018年10月17日から12月31日までの売り上げデータ集計によるランキング

2018-19シーズン 第1四半期 NBAジャージー売り上げトップ10
1. 渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)
2. レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)
3. ドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート)
4. ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
5. カイリー・アービング(ボストン・セルティックス)
6. デリック・ローズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
7. ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)
8. ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)
9. ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)
10. デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)

2018-19シーズン 第1四半期 チームグッズ売り上げトップ5
1. ロサンゼルス・レイカーズ
2. ゴールデンステイト・ウォリアーズ
3. メンフィス・グリズリーズ
4. ボストン・セルティックス
5. オクラホマシティ・サンダー

NBA(National Basketball Association)について
NBAは、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)、ウィメンズ・ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(WNBA)、NBA Gリーグ(NBA G League)の3つのプロスポーツリーグから構成されるグローバルなスポーツとメディアのビジネス団体です。リーグは世界215の国と地域、49言語で試合や関連番組を放送、NBA関連商品は6大陸100の国と地域にある125,000以上の店舗で展開されています。2016-17シーズン開幕時のロスターには41の国と地域から113名のインターナショナルプレイヤーが名を連ねています。デジタル領域では、NBA TV、NBA.com、NBA App、NBA LEAGUE PASSを展開しています。
また、NBAは世界有数のソーシャルメディアのコミュニティを形成しており、リーグ・チーム・選手の「いいね!(like)」とフォロワー数は、世界中で13億以上を数えます。NBA Caresを通してリーグは、国際的に認められた協力団体と共に、教育や青少年、家庭環境の発達、そして健康医療問題など、重要な社会問題の解決に向けた活動を行っております。

[NBA公式 日本向けサービス]
LINE NBAオフィシャルアカウント:@nba_japanを友達登録
Facebook:www.facebook.com/nbajapan / Twitter:@nbajpn
NBA日本語公式サイト:www.nba.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「ロサンゼルス」をもっと詳しく

「ロサンゼルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ