LINE、アジア圏でのカスタマーサポートに『OMLINE-I』を採用 国内5サービスに続き、台湾でのLINEヘルプのサポートシステムとして運用

1月21日(火)11時55分 PR TIMES

株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下:テラスカイ)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛、以下LINE)がLINEの5つのサービスにおけるカスタマーサポートシステムとして『OMLINE-I(オムリン アイ)』を採用し、台湾のLINEヘルプのサポートシステムとしても採用したことをお知らせします。

『OMLINE-I』は、LINE経由での問い合わせをSalesforceと連携するサポートサービスです。2018年5月に国内ファーストユーザーとしてLINE Payでの運用が開始され、その後国内では5つのLINEのサービスで採用されています。初の海外展開として、2019年6月から台湾での運用が開始され、今後もアジア諸国への展開が予定されています。

LINEの複数サービスへ『OMLINE-I』が展開したポイントとしては、以下があげられます。

●マルチアカウントの利用が可能
1つのOMLINE-I+Salesforce組織で複数のLINE公式アカウントを接続できます。  このため、複数サービスのサポートに対して、単一のガバナンスで管理できます。

●AIChatbot自動応答と有人チャットの連携がスムーズに行える
自動応答だけで対処しきれない場合、オペレーターがスムーズに引き継ぎ個別対応が可能です。

【システム概要図】
[画像: https://prtimes.jp/i/9955/78/resize/d9955-78-706431-0.png ]



『OMLINE-I』の導入を推進されているLINE株式会社 LINE企画室 Customer Careチーム 武井 淳様より、コメントを頂戴しました。

「LINEとテラスカイは、SalesforceのServiceCloudとLINEをシームレスに繋ぐ『OMLINE-I』のパッケージ化を、より良いサービスを目指し構想から実装まで協力して行ってきました。結果的に、LINEそのもののサポートサービスを行うにふさわしいサービスになったと思っています。台湾での顧客サポートでも成果がでており、その他の地域での導入も計画しています。LINEとお客様の距離を縮めるサービスとして、今後も『OMLINE-I』には期待しています。」

<OMLINE-I>
「OMLINE-I」は、LINE公式アカウントとServiceCloudを連携し、LINE経由の問い合わせと電話やSNSなど様々なチャネルの問い合わせを一元的に管理します。情報の集約と操作性の高いUIで、CS向上・コスト削減・顧客体験の最適化を実現します。
URL: https://www.terrasky.co.jp/omline-i/

<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウド創成期からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006年の設立以来、クラウド時代の到来を一早く捉え、セールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず4,000件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋2‐11-2 太陽生命日本橋ビル 16階
設立:2006年3月
資本金:11億3,861.3万円(2019年8月末時点)
代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉
U R L: https://www.terrasky.co.jp/
証券コード:3915(東証一部)

*本文中に記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。

PR TIMES

「LINE」をもっと詳しく

「LINE」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ