読書家のためのイベント「万冊祭」に著述家の本間龍氏が登壇決定。憲法改正に関する新刊の発表も予定。

1月22日(月)16時1分 PR TIMES

紀伊国屋書店で行われる読者のための読書イベント「万冊祭」に著述家の本間龍氏が登壇することが決定した。本間氏の参加は2日目の2月4日。

人気YouTubeチャンネル「一月万冊」は2月4日に新宿紀伊國屋ホールで開催される「万冊祭」のゲストとして本間龍さんにご登壇いただきます。当日は、本間龍さんの『メディアに操作される憲法改正国民投票 』の続編となるブックレットの販売についても発表いたします。

新宿紀伊国屋ホールで、2月3日から2日間に渡って開催される読書家のためのイベント「万冊祭」は、2日目のゲストスピーカーとして本間龍さんをお呼びすることになりました。本間龍さんは広告宣伝による情報操作に関して『原発広告』を始めとした著書を著しており、最近は『メディアに操作される憲法改正国民投票』という本でアマゾンの「憲法」本カテゴリ1位にもなっています。

2月4日の万冊祭では「読書が救う日本とあなたの未来」をテーマに、正しい情報の掴み取り方、メディアに流されない判断力のつけ方などについて対談形式で話を進めます。また、当日は一月万冊お勧め著書を直接会場内で販売するほか、本間龍さんの『メディアに操作される憲法改正国民投票』の続編となる書籍の販売についても発表いたします。こちらは「憲法改正のために行われるであろうメディア戦術と、それに対する戦い方」が具体的に書かれたものとなります。また、当日は朝日新聞社出身のフリージャーナリスト、烏賀陽弘道氏がカメラマンとして参加し、タイミングを縫ってトークにも参加します。

◆一月万冊主催トークライブ「万冊祭」概要◆
【日時】
2日目:2月4日(日曜) 18:00 - 21:00
読書が救う日本とあなたの未来〜日本一の読者一月万冊清水有高が語る最強の読書術〜
【会場】新宿紀伊国屋書店本店 4F 紀伊国屋ホール
【定員】各日400人
【参加費】無料
【講師・ゲストスピーカー】
清水有高(しみずゆうこう)ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。コーチングと読書を通じて色々な可能性をみんなに伝えていくために「一月万冊」を開設。
本間龍(ほんまりゅう)著者。博報堂で18年間営業マンを務める。在職中に発生した損金補填にまつわる詐欺容疑で逮捕・起訴され、栃木県の黒羽刑務所に1年間服役。出所後、その体験をつづった『「懲役」を知っていますか?』で作家デビュー。日本の刑務所システムや司法行政に関する研究や著書を著す一方、2011年以降は『原発広告』など原発と広告の関係性を書く著書も次々と発表し、広い分野で著述を行なっている。
[画像: https://prtimes.jp/i/28224/28/resize/d28224-28-682692-0.jpg ]

PR TIMES

「読書」をもっと詳しく

「読書」のニュース

BIGLOBE
トップへ