「Centrip Japan」が東海エリアの女性向け情報サイト「CUCURU」と連携、外国人目線の「スポット」紹介コンテンツを拡充

1月22日(火)17時40分 PR TIMES

「CUCURU」で発信される東海3県の最新情報などを多言語化(英語・簡体字・繁体字・タイ語)し、ローカル情報を求める「Centrip Japan」ユーザー(訪日外国人見込み客)にリーチ!

中部地方に特化した訪日インバウンドポータルサービス「Centrip Japan」(株式会社CBCテレビ/株式会社アクアリングによる共同運営)は、愛知県・岐阜県・三重県の女性向け情報サイト「CUCURU」が持つスポット紹介記事を“外国人目線”で発信していくことで、訪日外国人の幅広い観光スタイルを提案していく。

今回のコンテンツ連携の目的は、昨年の訪日外国人者数が初めて3000万人を越えるなど、日本政府が目標とする2020年の訪日外国人客数4000万人に向けて順調に推移し、旅行・交通業をはじめ、、飲食やメーカー、小売りなど様々な業界での市場の急速な拡大に対応していくためである。

訪日インバウンドポータルサービス「Centrip Japan(セントリップ ジャパン)」では、ローカルな日本情報を求める訪日リピーター層に向けてのサービス向上を果たしていき、一方、「CUCURU(ククル)」では今回の連携をもとにクライアントの多様なニーズに応えていく。

コンテンツ連携の第1号となったのは、「愛知県岡崎市のグルメ・御朱印帳巡り」。同市は徳川家康の生誕地として海外でも広く知られている。「歴史」に加え、地域ならではの「グルメ情報」は訪日外国人にとって関心が高いことから、「CUCURU」に掲載されたコンテンツを多言語化し、「Centrip Japan」で配信するに至った。
[画像1: https://prtimes.jp/i/15357/217/resize/d15357-217-489067-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/15357/217/resize/d15357-217-200324-3.jpg ]

「Centrip Japan」
URL:https://centrip-japan.com/
中部地方に特化した訪日外国人向けポータルサービス
■サイトの特徴■
1.中部エリア在住の外国人編集者が監修し、外国人ならではの視点から中部の魅力を配信。
2.テレビ局が制作するリッチ動画コンテンツをもとにしたユーザー・リーチ。
3.自治体や団体と連携し、ポータルサイトとしての「情報ハブ」機能。
4.中国オンライン旅行会社「Ctrip」などと提携した「旅マエ」のユーザー向けに情報拡散。
5.「旅ナカ」の訪日外国人客に対しても、中部国際空港を始め、ホテル、タクシー会社を通じたサービス提供。

[画像3: https://prtimes.jp/i/15357/217/resize/d15357-217-882422-2.png ]

「CUCURU」
URL:https://cucuru.media/
「ショッピング」、「グルメ」、「美容」などのトピックをはじめ、東海エリアで今話題の人気スポットやトレンド情報をお届けする「女性が知って得する」メディア。

PR TIMES

「東海」をもっと詳しく

「東海」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ