<東洋製罐グループの次の100年をつくる「OPEN UP! PROJECT」第二弾>家族の楽しい食事をサポートする“食卓コミュニケーション・トイ”『猫舌フーフー』コンセプトモデル発表

1月22日(水)12時5分 PR TIMES

〜同時にプロダクトムービーも1月22日より公開〜

 創業100年を超える東洋製罐グループは、次の新しい100年を創造するべく、これまで培った容器の技術力やノウハウを活かして一人ひとりが抱える課題を解決していくことを目的としたイノベーションプロジェクト「OPEN UP! PROJECT」を2019年10月より始動。そしてこの度、本プロジェクトの一環として、家族の楽しい食事をサポートする“食卓コミュニケーション・トイ”『猫舌フーフー』のコンセプトモデルを発表するとともに、プロダクトムービーを公開いたします。今後は、玩具メーカーや食品メーカーとの協業により商品展開を目指してまいります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/49660/2/resize/d49660-2-699113-4.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/49660/2/resize/d49660-2-996330-5.png ]

動画URL:https://youtu.be/tfTKSpObTgE

 「OPEN UP! PROJECT」は、大衆にとどまらない細かなニーズと一人ひとりが抱える課題に向き合うことでイノベーションを起こし、より豊かな社会の実現を目指すプロジェクトです。第一弾として、 “日本酒”の在り方を変革し、お祭りに新たな価値を提供するとともに地域創生を起こす祭り訪問型日本酒充填サービス『詰太郎』の提供を2019年10月より開始しています。そして今回、本プロジェクトの第二弾として、楽しい食事をサポートする“食卓コミュニケーション・トイ”『猫舌フーフー』のコンセプトモデルを開発し、プロダクトムービーを公式サイトにて公開いたしました。

 近年、労働力不足等による共働き世帯の増加、スマートフォンなどの普及、IoT化などの社会変化により、食卓の環境やあり方も変化してきています。特に、家族皆で過ごす時間が多い、小さなお子様を持つご家庭にはさまざまな変化や課題が存在しています。
 私たちは「OPEN UP! PROJECT」の考えのもとリサーチをしていく中で、「子供に座ってスムーズにご飯を食べてもらいたい」や「食事に関心を持ってほしい」といった"食卓をもっと子供たちに前向きに楽しんでほしい"という親御さんの願いに着目いたしました。
 こうした背景を受け、子供の食事への関心を高め、楽しい食事をサポートするプロダクトとして『猫舌フーフー』を開発。『猫舌フーフー』は、お椀やカップの縁に引っ掛けスイッチをオンにすると、“にゃーにゃー”という可愛らしい鳴き声とともに、温かい飲み物などを“フーフー”して冷ましてくれる猫型の玩具です。加熱や保温するための商品は世の中に多数存在する中、“温めたものを冷ます”という非常に珍しいプロダクトとなっております。

 実際にコンセプトモデルをお子さんのいる家庭に体験していただいたところ、子供が『猫舌フーフー』に興味を持つことで、席についてご飯を冷まして自ら食べるというケースも見られました。こうしたことから、子供が食事に集中し関心をいだくとともに食卓での親子のコミュニケーション増加が期待できます。この体験の様子などをまとめたプロダクトムービーは本日より公式サイトにて公開いたします。
 また開発においては、数多くのロボットやプロダクトを企画・開発するユカイ工学株式会社と共同で実施。機能面だけではなく子供が親しみを持ってくれるようにデザインされています。
 
 今後は、玩具メーカーや食品メーカーとの協業により、商品展開を目指していくとともに、子育て中の家庭のみならず、高齢者向けなど様々なシーンでの活用等も検討していまいります。

プロダクト概要
名称:猫舌フーフー
全高:75mm
重量:64g
カラー:グレー、茶色
商品概要URL:https://jp.open-up.tskg-hd.com/ideas/buddycatfufu/
※本商品はインターネット通信を利用したIoT商品ではありません。

OPEN UP! PROJECT」について

[画像3: https://prtimes.jp/i/49660/2/resize/d49660-2-577847-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/49660/2/resize/d49660-2-869273-3.png ]

 100年以上の歴史を持つ東洋製罐グループは、これまで時代によって変化する世の中の課題に対して真剣に向き合い、“日本初の自動製罐”や“アイスクリームの紙カップ”、“世界初のレトルトパウチ”の発明など容器のイノベーションに常に挑戦し続けてまいりました。
 そして今、人々が同じものを使い、食し、同じ生き方を求める“大衆の時代”から、それぞれが選んだ生き方を求める“個の時代”へと変化しています。その中で東洋製罐グループは、次の100年を創造するべく、大衆にとどまらない細かなニーズと一人ひとりが抱える課題に向き合うことでイノベーションを起こし、より豊かな社会の実現を目指すプロジェクト「OPEN UP! PROJECT」を発足いたしました。
(「OPEN UP! PROJECT」公式サイトURL: https://jp.open-up.tskg-hd.com/ )

会社概要
会社名:東洋製罐グループホールディングス株式会社
創立 :1917年(大正6年)6月25日
代表者:取締役社長 大塚一男
本社 :〒141-8627東京都品川区東五反田二丁目18番1号大崎フォレストビルディング
URL :https://www.tskg-hd.com/

PR TIMES

「家族」をもっと詳しく

「家族」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ