横浜商科大学が「ビジネス課題チャレンジ発表会」を開催 -- 2年生がチーム対抗で企業や商店街の課題解決策を競い合うPBL型授業

1月23日(水)8時5分 Digital PR Platform




横浜商科大学(横浜市鶴見区 学長:小林雅人)は2019年1月12日に、「ビジネス課題チャレンジ発表会」を開催した。これは同大秋学期(9月〜1月)の2年生の必修科目「社会力基礎演習4」の成果発表会として行われたもので、同科目11クラスから選ばれた代表チームが企業から提示されたビジネス課題の解決策を競い合った。最優秀賞には株式会社横浜フリエスポーツクラブ(以下、横浜FC)に「広がる横浜FCの輪〜横浜FCの認知度向上施策〜」を提案した4クラス(亀井隆太准教授クラス)の代表チームが輝いた。




 「社会力基礎演習4」の授業は2年生約330名が履修しており、11クラスに分かれている。学生はクラスの中でさらに4〜5名のグループに分かれ、湘南信用金庫、生麦商店街、横浜FCが提示したビジネス課題の1つを選び、それぞれ解決策を考案。その中から「ビジネス課題チャレンジ発表会」の代表チームを選出し、各クラスの代表全11グループがプレゼンテーション方式で競い合った。

 審査委員長のNPO法人アクションポート横浜の理事・高城芳之氏をはじめ、神奈川県、横浜市鶴見区の職員など6名の審査員による厳正な審査の結果、横浜FCからの課題「横浜市民へのチームとしての浸透/認知度を高めた上で、スタジアムへの来場者数を増やすには?」に対し、「広がる横浜FCの輪〜横浜FCの認知度向上施策〜」を発表した4クラス(亀井隆太准教授クラス)の代表チームが最優秀賞(1位)に輝いた。

 優秀賞(2位)は、湘南信用金庫の課題「湘南信用金庫の若年層新規利用者(20〜30代)を増やすためにはどうすればよいか?」に「未来の若年層顧客獲得を目指して」を提案した10クラス(山田優子特任講師クラス)、特別賞(3位)は、生麦商店街の課題「商標登録『生麦事件』を活かした新たなお土産・名物商品の企画提案」に対し「『洋菓子プロジェクト』の提案」を発表した9クラス(土本康生准教授クラス)代表チームがそれぞれ受賞した。上位2位の決定に際しては、決選投票も行われる接戦となった。

 また、各課題出題者からの特別賞も発表。湘南信用金庫からの特別賞は3クラスの代表チーム(細江哲志准教授クラス)、生麦商店街は6クラスの代表チーム(浮田善文教授クラス)、横浜FCは8クラスの代表チーム(西村悠講師クラス)が受賞した。

 最優秀賞を獲得したチームの学生は、「全くこの場(表彰の舞台上)に立てるとは思っていなかったのでびっくりしています」と頬を緩めた。

 同大は実効型ビジネス教育に重点を置き、1年次から2年次にかけての計4学期に「社会力基礎演習」を必修科目として設置している。上述の「社会力基礎演習4」のほか、2年次春学期(4月〜7月)の「社会力基礎演習3」では、横浜市鶴見区の地域の課題解決に挑戦する「鶴見まちづくり政策コンペ」も開催した。これらは、地域や企業が抱える現実の課題解決に300人規模で挑戦する大規模な課題解決型学習(Problem Based Learning, PBL)のユニークな取り組みである。

 なお、「ビジネス課題チャレンジ発表会」の開催は今回で3回目となる。過去2回は同大つるみキャンパスで行われたが、今回は初めて学外会場である横浜市鶴見区民文化センターサルビアホールの4Fホールにて開催された。

◆ビジネス課題
・湘南信用金庫:湘南信用金庫の若年層新規利用者(20〜30代)を増やすためにはどうすればよいか?
・生麦商店街:商標登録「生麦事件」を活かした新たなお土産・名物商品の企画提案
・横浜FC:横浜市民へのチームとしての浸透/認知度を高めた上で、スタジアムへの来場者数を増やすには?

◆各クラス代表チームの発表スライドタイトル
・1クラス「生麦事件と商品のコラボ」(生麦商店街課題)
・2クラス「湘南信用金庫とスタンプラリー」(湘南信用金庫課題)
・3クラス「湘南信金ハンズオンセミナー」(湘南信用金庫課題)
・4クラス「広がる横浜FCの輪〜横浜FCの認知度向上施策〜」(横浜FC課題)
・5クラス「信用金庫を若年層に活用してもらうためには」(湘南信用金庫課題)
・6クラス「生麦事件商品開発案」(生麦商店街課題)
・7クラス「湘南信用金庫『若者の利用者を増やす』」(湘南信用金庫課題)
・8クラス「始めるなら今!若年層をターゲットとした、〜横浜FCの、横浜FCによる、横浜FCのための施策〜」(横浜FC課題)
・9クラス「『洋菓子プロジェクト』の提案」(生麦商店街課題)
・10クラス「未来の若年層顧客獲得を目指して」(湘南信用金庫課題)
・11クラス「横浜FCに動員数を増やすための提案」(横浜FC課題)

◆該当授業概要
【科目名】
 社会力基礎演習4(コーディネーター:商学部商学科准教授 亀井隆太)
【対 象】
 横浜商科大学商学部全学科(商学科・観光マネジメント学科・経営情報学科)の2年生全員(11クラス約330名)
【時 期】2018年度秋学期(9月〜1月)

■横浜商科大学について
所在地: 神奈川県横浜市鶴見区東寺尾4-11-1
理事長: 清水 雅彦
学長: 小林 雅人
設立: 1966年
URL: https://www.shodai.ac.jp/
 
Facebookページ: https://www.facebook.com/YCCJAPAN
 

(大学プレスセンター関連記事)
・横浜商科大学2年生全員が横浜市鶴見区の課題解決に挑戦。 -- 「鶴見まちづくり政策コンペ」を7月14日(土)に開催(2018/07/02)
 https://www.u-presscenter.jp/2018/07/post-39626.html



▼本件に関する問い合わせ先
横浜商科大学 学術・地域連携課
住所:神奈川県横浜市鶴見区東寺尾4-11-1
TEL:045-583-9057(平日9:00〜17:00)
メール:renkei-g@shodai.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

Digital PR Platform

「ビジネス」をもっと詳しく

「ビジネス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ