「ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖」新発売

1月23日(水)16時40分 PR TIMES

“荒挽き・深煎り・ぐっとくる”ボスの新微糖缶コーヒー

サントリー食品インターナショナル(株)は、「ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖」を2月5日(火)から発売します。

[画像: https://prtimes.jp/i/27480/108/resize/d27480-108-834478-0.jpg ]

サントリー食品インターナショナル(株)は、「ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖」を2月5日(火)から発売します。

「BOSS」は1992年の発売以来、“働く人の相棒コーヒー”として、多くのお客様にご愛飲いただき、成長を続けています。2018年の年間販売数量は、発売以来初となる1億ケースを達成しました。(ニュースリリースNo.SBF0776参照)

お客様のコーヒーとの接点は、コンビニエンスストアのカウンターコーヒー、ペットボトルコーヒーの登場などにより多様化しています。その中でショート缶コーヒーは、仕事の合間の休憩時間に“一服する・気分転換する”飲用スタイルを志向するヘビーユーザーのお客様を中心にご愛飲いただいており、缶やペットボトルなどのコーヒー飲料市場において半分以上を占める、最大の市場です。

ショート缶コーヒーの中でも、微糖タイプ缶コーヒー市場の構成は増加傾向にあり、飲用しているお客様も多様化しています。今回、微糖タイプ缶コーヒーに対しての「もっと、しっかりとした味わいの微糖缶コーヒーを飲みたい」という声にお応えするべく、“荒挽き・深煎り・ぐっとくる”というコンセプトの下、従来の微糖に比べて力強いコーヒー感をお楽しみいただける「ボス THE CAN  COFFEE 俺の微糖」を発売します。

●中味の特長
コーヒー豆から缶コーヒーができるまでのすべての工程において、「BOSS」が培ってきた技術を尽くし仕上げた、力強いコーヒー感が楽しめる一杯です。
〈原料〉
コーヒー豆から抽出した超深煎りコーヒーオイルを使用し、コーヒーのコクをより深く、強化しました。
〈焙煎〉
サントリーコーヒーロースタリー(株)海老名工場の高機能焙煎機で深煎りすることで、雑味が少なく、力強いコーヒー感を実現しました。
〈抽出〉
従来と比べて抽出時間を短縮することで、コーヒーの香りの酸化・飛散を抑制し、より香り高い味わいに仕上げました。

●パッケージの特長
商品名である「俺の微糖」を記載した赤いアイコンで、従来の微糖缶コーヒーと一線を画す「力強さ」や「男らしさ」を表現しました。また、“荒挽き・深煎り・ぐっとくる”というメッセージにより、仕事の合間にぐっと飲み干して気分転換するというショート缶ならではの飲用スタイルを表現しました。

— 記 —

▼商品名・容量・希望小売価格(税別)および梱包
「ボス THE CAN COFFEE 俺の微糖」 185g缶    115円    30本

▼発売期日    2019年2月5日(火)

▼発売地域    全 国

▼「BOSS」ホームページ  http://suntory.jp/boss/

▽本件に関するお客様からの問い合わせ先
サントリーお客様センター
フリーダイヤル 0120-139-320  〒135-8631 東京都港区台場2-3-3
サントリー食品インターナショナルホームページ http://suntory.jp/sbf/

以  上

PR TIMES

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ