オンライン診療「LINEドクター」、診療件数が1年で約2倍に増加。2023年は休日の診療ニーズが高く花粉症の診療は3月に集中

2024年1月23日(火)16時17分 PR TIMES

2023年のサービス利用をインフォグラフィックで表す「1年のあゆみ」を公開

LINEヘルスケア株式会社は、オンライン診療「LINEドクター」において、2023年の1年間のサービス利用を振り返る「1年のあゆみ」インフォグラフィックを公開しました。
[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/129774/241/129774-241-bfe97f92b85e4fee8a0415d0df44b3af-650x340.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
オンライン診療「LINEドクター」は、「LINE」アプリ上で診療の予約、無料ビデオ通話での診療、決済を完結することができるサービスです。「LINE」ユーザーであれば、新たにアプリをダウンロードすることなく、体調不良時に「LINE」上で医師とつながり診療を受けることが可能です。2020年12月に先行提供を開始して以降、2022年12月に処方薬の配送サービスを開始*1し、2023年10月には処方薬の受け取り方法に「登録薬局での対面受け取り」機能を追加*2するなど、より幅広い場面でユーザーにオンライン診療を活用いただけるようサービスを向上してきています。

■診療件数は1年で2倍に拡大、処方薬の配送サービス利用者数は昨年比で約10倍に
「LINEドクター」の診療件数は2022年と比較し、前年比約2倍増となりました。特に花粉症時期にあたる2023年3月は前年比約3倍に増加、新型コロナウイルスが5類感染症に移行後も8月をピークに診療が拡大するなど、多くのユーザーにとって身近な診療手段として利用されてきています。また、処方薬の配送サービス利用者数はサービスを開始した2022年12月と比較し、2023年12月には約10倍に成長しました。
[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/129774/241/129774-241-9885dc3b7670ecdd27bacaed5070be42-650x391.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
■予約開始から5分以内に診療を開始できたユーザーが半数以上
「LINEドクター」上で診療予約時に「今すぐ」を選択ののちに「次へ」をタップ後、5分以内に診療を開始したユーザーが50%以上、20分以内に開始したユーザーが90%を超え、多くのユーザーが待ち時間なく診療を受けられました。
[画像3: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/129774/241/129774-241-585e08d0c68982b217867bda0f5f21a5-650x390.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
曜日別では火曜日、木曜日、土曜日の診療件数が多く、時間帯別では9時から12時までの利用が多くなりました。土曜日、日曜日は医療機関の休診日に重なることも多いことから、土曜日の朝から昼前にかけての診療件数が多く、休日の診療ニーズが高く、土日の診療手段として定着しつつあるといえます。
[画像4: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/129774/241/129774-241-eb2a802e4b73cfdd81c44a819dbb853e-650x390.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
■都市圏を中心に全国のユーザーが利用し、30代の利用がトップに
サービス利用者の年代は30代が最も多く32%以上となりました。20代〜40代までの世代にボリュームゾーンが存在し、忙しい社会人に使っていただいているサービスであることがわかります。また、「LINEドクター」の主な利用者の地域は都市圏が中心ですが、全国でも利用いただいており遠隔医療サービスとしての一面がうかがえます。
[画像5: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/129774/241/129774-241-5b5fb39154b2a27b5d1f3be445d9eeed-650x753.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
■花粉症のお薬は3月がピーク。コロナのお薬は8月〜9月にニーズ高く、通年では皮膚科のお薬の処方ニーズあり
「LINEドクター」にて提供する処方薬は当初の9種類から2024年1月時点で16種類に拡大しました。そのなかでも、花粉症の処方薬に最も需要が集まりました。また、8月から9月にかけてはコロナ・インフルに対応する薬や、風邪の薬への需要が高くなりました。年代別では全世代に皮膚科の薬への需要が見られるほか、50代以降では高血圧の薬が最も需要を集めました。
[画像6: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/129774/241/129774-241-ae3e501953725b65d23702d8fbe0767f-650x603.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
[画像7: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/129774/241/129774-241-f911e7431d3a2d73f18c1cfdf6b03306-650x809.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]※ 個別に集計期間の記載があるものを除き本インフォグラフィックは2023年1月より11月までのサービス利用者をもとに集計しています
オンライン診療「LINEドクター」は、今後も利用ユーザー、医療機関の皆様の声をプロダクトに反映し、より利便性の高いサービス提供を行っていくほか、オンライン診療、対面診療を融合し、症状や生活スタイルに合わせて、ユーザーが最適な診療手段を選択できる世界を目指してまいります。

※1:(参考)オンライン診療「LINEドクター」 処方薬の配送サービスを全国エリア対象に本日より提供開始
https://linehealthcarecorp.com/ja/pr/news/2022/44
※2:(参考)オンライン診療「LINEドクター」処方薬の「登録薬局での対面受け取り」機能を追加
https://linehealthcarecorp.com/ja/pr/news/2023/50

PR TIMES

「LINE」をもっと詳しく

「LINE」のニュース

「LINE」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ