〜日本とベトナム 再生医療技術協力が拡大へ〜 新たな樹状細胞治療技術の発展

1月24日(水)12時30分 @Press

有限会社ジーエヌコーポレーションは、ベトナム・ハノイ市にあるビンメック国際病院にて2018年1月19日に行われた最新の樹状細胞治療の発表・勉強会にて、株式会社日本バイオセラピー研究所の照沼医師と、当社のアブラハムJKサミュエル医師が各種の研究成果を発表したことをお知らせします。
発表では主に、ベトナムのがん患者の増加を踏まえ「がん免疫細胞治療分野の新規治療法」についての共同研究の提案が行われ、日本、ベトナム間の人材交流事業の提案もなされました。
両社は約12年間免疫細胞治療の共同研究を行っており、2015年にビンメック国際病院への技術提供を開始しました。今回の技術提供事業プロジェクトでは、日本でベトナムの若い研究者へ細胞培養技術の習得の機会を与え、ベトナムでのがん免疫細胞治療の拡大を促すことを目的としています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/148004/LL_img_148004_1.jpg
日本とベトナム 再生医療技術協力が拡大

ビンメック国際病院は、2016年から、日本バイオセラピー研究所、ジーエヌコーポレーション及びインドの日印再生医療センターが提供する技術を使い、日本の再生医療法に基づいて行われている「自己免疫NK細胞及びT細胞治療」を行っています。
さらに、前記の3社は、新しいがん免疫細胞治療を開発する為に「微重力研究」と「バイオマテリアル技術」を組み合わせた特許を申請しています。
データによると、近年ベトナムは経済発展や政治の安定などにより若者の人口が増加しており、将来は日本など先進諸国と同じようにがん患者の増加が見込まれているため、日本の「がん免疫治療技術」が注目を集めています。

ビンメック国際病院
https://vinmec.com/eng/
●ベトナム初のJCI認証病院でほかに全国6病院を擁しています。
●ビングループ(ベトナム最大の企業グループ)の一角で中枢事業と位置付けられています。ビングループの総資産は約1兆円で、ベトナム民間企業で1位です。

株式会社日本バイオセラピー研究所
http://bij-net.com/

有限会社ジーエヌコーポレーション
http://gncorporation.com/gncorp/

日印再生医療センター
http://www.ncrm.org/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「治療」をもっと詳しく

「治療」のニュース

BIGLOBE
トップへ