スカイツリー絶景ポイントで味わう絶品「飛梅あんみつ」

1月24日(月)12時17分 J-CASTニュース

「飛梅(とびうめ)あんみつ」(ケース入りが持ち帰り用)

写真を拡大

   葛(くず)粉を使用しない関東流元祖くず餅(もち)で知られる和菓子店「船橋屋」(東京・千葉に20店舗)では、約10年前から期間限定で販売している人気スイーツ「飛梅(とびうめ)あんみつ」を、2011年も2月1日から18日まで販売する。




   「飛梅伝説」とは、菅原道真公が藤原時平にねたまれ、無実の罪で太宰府天満宮から亀戸天満宮に左遷された際に、道真公が愛していた梅の花が一夜にして亀戸天満宮に飛来したというもの。東京・亀戸の船橋屋本店からほど近い「亀戸天神社」には菅原道真公がまつられていることもあり、商品名に取り入れた。


   甘酸っぱい梅じそ餡(あん)に梅の甘露煮・花型のくず餅を添えたあんみつで、寒天は、伊豆七島産の天草を使用したほんのり磯の香りがする生寒天を使用。好みで黒みつ・白みつをかけて食べる。


   価格は、店内用が720円。持ち帰り用が525円。



   ちなみに、亀戸天神では2011年1月30日から3月6日まで「梅まつり」を開催中。境内では200本を超す梅の木に紅白の花が咲き誇る。また、同所は、建設が進む「東京スカイツリー」の絶景ポイントでもある。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「あん」をもっと詳しく

「あん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ