北欧デザイン×日本製の暮らしアイテム、職人の伝統の技が息づく「スティグ・リンドベリ」の日用品シリーズがフェリシモから新登場

1月24日(木)18時40分 PR TIMES

リサ・ラーソンの師匠にあたるスウェーデンを代表するデザイナー

フェリシモは、北欧の巨匠デザイナー“スティグ・リンドベリ”(1916-1982)デザインの雑貨シリーズを発表し、新商品のウェブ販売を2018年12月下旬より開始しています。新アイテムは、フェリシモでしか手に入れられないオリジナルアイテムの「タオル」や「一筆箋&封筒セット」の4アイテムです。60年以上愛され続けているスティグ・リンドベリの北欧デザインと、日本の伝統的な製法や地場産業の職人のモノ作りが一つになったシリーズ商品で、毎月少しずつ集めていくことで世界が広がるフェリシモ定期便でお届けします。このほかウェブ限定掲載で、スティグ・リンドベリ生誕100周年を記念し復刻された食器もラインナップしています。新アイテムはデジタルカタログでもご覧いただけます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-615019-8.jpg ]

陶磁器やテキスタイルの多くのデザインを手掛けるスウェーデンのデザイナー「スティグ・リンドベリ(1940〜1960年)」の名を知らなくても緑色の葉っぱの柄、〈ベルサ〉シリーズのカップをご覧になったことがある方は多いでしょう。スティグ・リンドベリのデザインの魅力に惹かれたプランナーの「時を経ても変わらず愛されているデザインをもっと身近に毎日使う日用品にできたら」という思いが形となり、“北欧デザイン×日本製”の新アイテムが誕生しました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-298627-13.jpg ]



ウェブ掲載限定でスティグ・リンドベリの食器を販売しています
>> https://feli.jp/s/pr190121/3/

◆スティグ・リンドベリ(Stig Lindberg)
ミッドセンチュリー(1940〜1960年代)に活躍したスウェーデンを代表するデザイナー。陶磁器からテキスタイルのデザインまで幅広く手掛けた・遊び心ある斬新なデザインは、現在もなお人々を魅了しています。動物シリーズで有名な陶芸家、リサ・ラーソンの師匠にあたります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-495296-4.jpg ]



◆新作をピックアップしてご紹介

スティグ・リンドベリがデザインした、テキスタイルデザイン〈フルクトラーダ〉を用いたバスタオルです。りんごの断面から芽や根がのびたさまは、見ているだけで楽しくなる柄です。大阪府泉州地域の伝統産業のタオル作りを支える職人の技術が生み出す、高級感とタフな使い心地が魅力です。生活感が出やすいタオルですが、インテリアの一部としても使える逸品ができあがりました。
【NEW】スティグ・リンドベリ リネン混のバスタオル〈フルクトラーダ〉の会
月1枚 ¥3,000(+8% ¥3,240)
商品の詳細とお申し込み>> https://feli.jp/s/pr190121/5/
[画像4: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-568076-10.jpg ]

いつでも使えるように積んでおくだけで、まるでインテリアのようなたたずまいです。

[画像5: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-753951-14.jpg ]

リネン混のさらりとした使い心地です。表はガーゼ、裏はパイルで肌触りのよさと使い込むごとに味わいが増す魅力が味わえます。

[画像6: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-599746-15.jpg ]

高級感とタフな使い心地は、大阪府泉州地域の伝統産業のタオル作りを支える職人の技術によるものです。

[画像7: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-958935-19.jpg ]



スティグ・リンドベリのテキスタイルや陶磁器のデザインを、上質な紙に手捺染(てなっせん)で刷り上げた一筆箋と封筒のセットです。職人が1枚1枚手刷りで作っており、高級感のある仕上がりになっています。一筆箋と封筒の裏には、箔押しでリンドベリのサインが印字されています。贈りものに添えたり、心付けのお渡しにも使ったりしたい大人のレターセットです。
【NEW】スティグ・リンドベリ 手捺染で仕上げた一筆箋&封筒の会
月1セット ¥1,200(+8% ¥1,296)
商品の詳細とお申し込み>> https://feli.jp/s/pr190121/6/
[画像8: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-259028-11.png ]

一筆箋と封筒の裏には、箔押しでリンドベリのサインが印字されています。
[画像9: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-800195-18.jpg ]

一枚一枚、職人が手捺染(てなっせん)で刷り上げて作られます。
[画像10: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-335694-20.jpg ]



◆「スティグ・リンドベリ」の新アイテムをデジタルカタログで見る
フェリシモだけでしか手に入れられない手捺染の一筆箋&封筒セット>> https://feli.jp/s/pr190121/2/ (4P)
[画像11: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-991287-5.jpg ]

フェリシモだけでしか手に入れられないタオルたち>> https://feli.jp/s/pr190121/1/ (デジタルカタログ18〜19P)
[画像12: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-673935-1.jpg ]

スティグ・リンドベリ新シリーズの開発ストーリーもデジタルカタログで>> https://feli.jp/s/pr190121/4/ (デジタルカタログ5P)

[画像13: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-244778-16.jpg ]

◆ウェブのみで販売する食器を含む「スティグ・リンドベリ」の新アイテムを一覧でチェック>> https://feli.jp/s/pr190121/3/
[画像14: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-292388-17.jpg ]


◆フェリシモの北欧雑貨のウェブ特集を見る >> https://feli.jp/s/pr190121/7/
[画像15: https://prtimes.jp/i/12759/1174/resize/d12759-1174-179057-21.jpg ]


◆お電話でのご注文・お問い合わせ
0120-055-820 (通話料無料)
0570-005-820 (通話料お客さま負担)
(受付時間:月曜〜金曜/午前9時00分〜午後5時)
※携帯電話など「0120」を利用できない場合は、「0570」で始まる番号をお使いください。
※お客さまからのお電話は、ご注文の内容を確認・記録するために録音させていただいております。
※「0570」通話料は20秒につき10円(税別)かかります。
※PHS・一部のIP電話ではご利用できない場合があります。

〜ともにしあわせになるしあわせ『FELISSIMO [フェリシモ]』〜
— 会社概要 —
社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0035 神戸市中央区浪花町59番地
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
創立 : 1965年5月
事業内容 : 自社開発商品をカタログやウェブサイトにて全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業
◆ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr180101/2/
◆会社案内(PDF)>> https://feli.jp/s/pr180101/1/

PR TIMES

「フェリシモ」をもっと詳しく

「フェリシモ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ