【事業】リデル、2020年より新たなビジネスコンセプト「ソーシャルリレーション マーケティング」を発表!不確かで偶発的な「現象」に、独自のマーケティングアプローチで的確な仕組み化と再現性を提供する

1月24日(金)14時35分 PR TIMES

〜ソーシャルネットワーク上で自社だけのミニマルマーケットを構築するために、企業に今必要なことは?〜

インフルエンサーマーケティングのリーディングカンパニーであるLIDDELL株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役:福田 晃一、以下リデル) は、この度ビジネスコンセプトを「ソーシャルリレーション マーケティング」へと刷新致します。生活者ベネフィットがかつてないほど多様化する現在、企業は従来のマーケティングに加え、ソーシャルネットワークへの「参加」と「交流」を組み合わせたアプローチに転換を迫られています。当社では企業と個人における関係構築の諸段階に着目したサービスの拡充と、それを支えるデータ活用による確かな再現性でもって新時代のマーケティング活動を強力に支援するものです。

[画像: https://prtimes.jp/i/11944/217/resize/d11944-217-120925-0.png ]


傍観者でいるうちにシェアを失っていく!? ソーシャルネットワーク時代の「企業」と「個人」の関わり方が成否を分かつ!「ソーシャルリレーション マーケティング」とは
当社はこの度、2020年よりビジネスコンセプトを「ソーシャルリレーション マーケティング」へと刷新致します。私たちは創業以来、個人の影響力を豊かな社会づくりに活用していくための、基盤となるマーケティングプラットフォームを多数展開してまいりました。その過程で目撃するソーシャルネットワークがもたらした革命は、情報の伝わり方だけでなく、企業と個人の関係性においてもまったく新しい考え方とアプローチを求めていることがわかりました。そこで問われるのは、ソーシャルネットワーク上の高い共感力や伝播拡散されるコミュニケーションにおける偶発性を極力解明し、新たに具体的かつ適切な再現性を確保したアプローチを顧客に提供することであると考え至り、「ソーシャルリレーション マーケティング」というコンセプトを見出しました。

生活者ベネフィットがかつてないほど多様化した現在、企業の強みを潜在的顧客が何に見出すか?は、ソーシャルネットワークのなかに企業自体も参加しなければ確実に捉えることは不可能となっています。つまり、企業はマーケティング手法に新たにソーシャルネットワークへの「参加」と「交流」を組み合わせることで、予測しにくい関係性のなかから生まれる自社だけのミニマルマーケットを把握することができるのです。自社だけのミニマルマーケットを掌握することができれば、顧客獲得や商品開発、ひいてはマーケットシェアを高めていくことが可能となります。
依然として卓抜した影響力を備えるインフルエンサーたちは、こうした関係性をリードすることで限定的なフォロワー層すら超え、パブリックに影響を及ばせることで「現象」を創造していきます。これが、「ソーシャルリレーション マーケティング」の前提となる考え方なのです。

5つのマーケティングプラットフォームが可能とする「情報物流改革」!企業がもっとも安心・安全にソーシャルネットワーク・インできる状態を提供
これまではこうした「現象」における再現性の不確かさが問われ、偶発性による産物とされてきたアプローチに、当社では明確な解決策を講じることができました。ビジネスリソースとしては、SNS時代に必須となる “消費の先、共感” をゴールと据えたマーケティングの各段階に呼応する、5つからなるエコシステムを描く自社開発サービスの拡充が、シームレスな「企業と個人」の関係構築を力強くバックアップできる体制を整えていること、さらには個人レベルの影響力(SVI)や投稿あたりの共感の度合い(共感指数)を計測するデータ、分析ノウハウを兼ね備えたことで、ソーシャルネットワークで繰り広げられる複雑な関係性を解明し、体系化することを可能と致しました。
これらは、情報物流改革にたとえることで説明が可能です。テキストや写真、ハッシュタグといった各エレメントはもちろん、とりわけソーシャルメディア上では「会話・意見・質問・提言」などが表現されており、情報がパッケージングされて流通している現象と言えます。個人がソーシャルメディアによって獲得した新たなコミュニケーション能力を、経済活動や社会へ役立てていくことが企業活動の使命であり、私たちはこれらを解決する最適なソリューションを提供することが次なるステップと考えております。
2020年、当社は「ソーシャルリレーション マーケティング」を掲げ、SNS・インフルエンサーマーケティングにおけるリーディングカンパニーとして多彩なサービスの企画・開発・運営を図ってまいります。

--------------------------------------

[EMERALD POST(エメラルドポスト):個人によるSNSに向けたプレスリリース配信サービス]
URL:https://emerald-post.com/

[SPIRIT(スピリット):インフルエンサーマッチングプラットフォーム]
URL:https://spirit-japan.com/

[PRST(プロスト):インフルエンサーによるSNS制作運用サービス]
URL:https://prst-sns.com/

[FOR SURE(フォーシュア):ファッションコミュニケーションコマース]
URL:https://about.forsure.jp/

[「VINYL MUSEUM(ビニールミュージアム):共感型フォトジェニック・アート展」
URL:http://vinyl-museum.com/
Instagram:https://www.instagram.com/vinyl_museum/

[福田 晃一代表取締役CEO書籍]
「影響力を数値化 ヒットを生み出す“共感マーケティング”のすすめ」
著者名:福田 晃一 発行:日経BP社/発売:日経BPマーケティング
定価:本体1,500円+税
ISBN:9784296101313
<Amazon購入ページ>
https://www.amazon.co.jp/dp/4296101315/

[インフルエンサーアワードジャパン:インフルエンサーの感性や才能を応援し、その影響を称える。]
第4回IAJ特設サイト: https://www.spirit-japan.com/influencer2019/

[企業情報]
会社名:リデル株式会社/LIDDELL Inc.
代表者:代表取締役CEO 福田晃一
本社:東京都渋谷区神宮前3-35-8 ハニービル青山3F/4F(受付)
事業内容:(1)インフルエンサーおよびソーシャルリレーション マーケティング事業
(2)マーケティングプラットフォームの企画、開発、運営
コーポレートURL:https://liddell.tokyo/
採用に関して:https://www.wantedly.com/companies/liddell/

PR TIMES

「マーケティング」をもっと詳しく

「マーケティング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ