1月30日(火)開催【デジタルアイデンティティ×KIYONO共催セミナー】

2024年1月24日(水)11時46分 PR TIMES

「Cookieレス時代にマーケターが対策すべきこととは」

株式会社Orchestra Holdings(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村 慶郎)の子会社である株式会社デジタルアイデンティティ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鈴木 謙司、以下デジタルアイデンティティ)は、株式会社KIYONO(本社:東京都港区、代表取締役:清野 賢一)と共同で、無料オンラインセミナー『〜これからのCookieレス時代に向けて〜CDPを活用したCookieレス時代のデータ活用』を2024年1月30日(火)13時より開催いたします。


[画像: https://prtimes.jp/i/25965/83/resize/d25965-83-9a1aefaba7e9d9688786-1.jpg ]


■セミナー概要
・タイトル:〜これからのCookieレス時代に向けて〜
      CDPを活用したCookieレス時代のデータ活用
・共催  :株式会社KIYONO
      株式会社デジタルアイデンティティ
・日時  :2024年1月30日(火)13:00〜14:00
・参加費 :無料
・お申込み:下記URLよりウェビナー登録ページにアクセスし、お申込みください。
      https://digitalidentity.co.jp/seminar/kiyono-seminar/

■サマリー
近年、プラットフォーマーによる3rdPartyCookieの廃止により
外部サイトを通じたユーザー情報の獲得が厳しくなり
ターゲティング精度の担保が困難になっています。

Cookieに依存しないWEBマーケティング施策の検討と導入が求めれている中、
広告効果を最大化させるために、1stPartyデータの活用が注目されています。

1stPartyデータを活用したアドレッサブル広告では、
顧客の購買情報や行動履歴などのデータを広告に活用でき、
高いターゲティング精度で配信できるだけでなく、
他社にはないデータを基にしているため差別化にもなります。

そのためには、データ基盤の構築とその活用方法を抑えておくことが重要です。
また、年齢性別などの顧客属性や行動変容など興味関心具合に応じた適切なコミュニケーションが求められます。

そこで本セミナーでは、
CDPツール「MAGNET」を運営する株式会社KIYONOの事業責任者・小倉様と、
デジタルアイデンティティの執行役員・西村、マネージャー・花田が登壇し、
3rdPartyCookie廃止によるCDPの必要性とCDPデータを活用した広告手法や
顧客コミュニケーション設計について解説いたします。

<登壇者プロフィール>
小倉 聡馬
株式会社KIYONO MAGNET事業責任者

マーケティング×テクノロジー領域に強みを持つマーケティング支援会社、株式会社KIYONOにて自社プロダクト『MAGNET』の事業責任者を担当。 広告やデータ活用領域における顧客への課題ヒアリング〜導入・活用までを一気通貫でご支援。 パートナー営業/アライアンスにも従事し、MAGNETを通じて広告代理店が抱えるCookieレス課題解決に尽力。



西村潤哉
株式会社デジタルアイデンティティ 執行役員

デジタルアイデンティティの執行役員として、Consulting Div.で営業部署の責任者を務める。
月間広告予算1.5億の中古自動車案件を中心に、大手化粧品会社(月間広告予算2,500万円)、
大手製薬会社の健康食品通販サイト(月間広告予算3,000万円)、大手美容会社(月間5,000万円)などのプロジェクトマネージャーを歴任。
YouTubeを活用したブランディング施策で検索増加数3.9倍を実現するなど、刈り取りから認知まで幅広い領域の知見を持ち合わせている。



花田 直人
株式会社デジタルアイデンティティ Consulting Div. マネージャー

Consulting Div.でデジタルマーケティングのコンサルタントとして従事し、SEOやWEB広告、MA、制作など幅広く支援。大手クライアントを中心にコンサルティング支援を実施しながら、インサイドセールス:責任者/インバウンドプロジェクト:責任者/新規営業:責任者を務める。業種や規模を問わず、デジタルマーケティング全体のコンサルティング支援を得意とする。

PR TIMES

「アイデンティティ」をもっと詳しく

「アイデンティティ」のニュース

「アイデンティティ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ