フォトロン、CAE解析結果や実験撮影データを比較・簡易計測できる開発支援ビューワー『TimeSpaceView』を2024年2月に新発売

2024年1月24日(水)11時46分 PR TIMES

映像の企画から制作、映像編集、配信・流通向けサービスに至るまでを、グローバルにワンストップでお届けする株式会社IMAGICA GROUP(本社:東京都港区、代表取締役社長:布施 信夫)のグループ会社で、放送/映像関連機器の開発・製造・販売・輸出入を手掛ける、株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瀧水 隆、以下「フォトロン」)は、CAE解析結果や実験撮影データを比較・簡易計測できる開発支援ビューワー『TimeSpaceView(タイムスペースビュー)』を2024年2月より発売いたします。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/37973/table/303_1_f6501f623c2b9a1906493273ee36bf3a.jpg ]

※価格はお問い合わせください。
[画像1: https://prtimes.jp/i/37973/303/resize/d37973-303-6a004ddf886218d6e5de-0.jpg ]

製品化の背景


民間企業の研究開発部門や大学・官公庁の最先端の研究開発テーマにおいて、年々シミュレーションによる研究開発が加速しています。特に自動車市場ではMBD(Model Base Design)が推進されている中、ハイスピードカメラの役割も変わりつつあります。ハイスピードカメラは現在でも主に実験現場での活用がされていますが、撮影後の解析においても重要な役割が求められ、ニーズも多様化しています。その一つとして、実験とシミュレーションの比較・解析に関する要望があり、近年増加傾向にあります。
フォトロンではこのようなニーズに応えるべく、シミュレーション結果や実験撮影データを簡単に比較・計測できる開発支援ビューワー『TimeSpaceView』を発売いたします。このツールはシミュレーションから出力される時系列の3Dモデル、変位とハイスピードカメラで撮影した2D動画を入力、重ね合わせを行い、動きの違いを観察、実測することができます。
『TimeSpaceView』は、製品開発に関わる部門間でのコミュニケーションツールとして、お客様のMBD(Model Base Design)開発の効率化に貢献します。

▼ フォトロン|TimeSpaceView詳細ページ
https://www.photron.co.jp/service/hsvcam/products/tsv/

『TimeSpaceView』の主な特長


1.時系列に複数の3Dモデルを入力、360度自由視点での観察を実現
3Dモデルは時系列に複数のモデルデータを入力することができます。
また、3Dモデルを動画のように再生しながら、360度任意の視点で観察することができます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/37973/303/resize/d37973-303-03549fc97d7219eef84e-0.jpg ]

2.2D動画と3Dモデル、3Dモデルと3Dモデルを重ね合わせて比較可能
[画像3: https://prtimes.jp/i/37973/303/resize/d37973-303-2dcd834008b2f67c4068-0.jpg ]

ハイスピードカメラや産業用カメラ等で撮影した2D動画やHSVC受託サービス*で取得した3Dモデルと、シミュレーションで解析した3Dモデルを時系列で入力し重ね合わせて表示、比較することができます。

*HSVC受託サービスは株式会社フォトロンが提供する数十台のハイスピードカメラを用いて3Dモデル動画を作成する受託解析サービスです。

▼ フォトロン|HSVC受託サービス
https://www.photron.co.jp/service/hsvcam/shooting-analysis-support/hsvc/

3.2D動画と3Dモデルを重ね合わせて計測
比較した後の差分を、計測ツールを使って計測することができます。3Dモデルの場合は、断面を任意に設定し動画と画角をあわせて配置した上で、計測モードを起動し、距離、速度、面積など各種計測をすることができます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/37973/303/resize/d37973-303-143b0f563f1f0a393fba-0.jpg ]


『TimeSpaceView』の主な仕様


[画像5: https://prtimes.jp/i/37973/303/resize/d37973-303-a3303cad79b16f5f79bd-0.jpg ]

※CAE解析結果ファイルはHyperViewと連携することで、STL形式で取り込むことができます。
同じPCにインストールすることで、TimeSpaceViewから専用コマンドで変換処理を行うことができます。
HyperViewのサポートするファイル形式の詳細は、HyperViewのマニュアル等をご確認ください。

株式会社フォトロン


[画像6: https://prtimes.jp/i/37973/303/resize/d37973-303-92d535b5ae74bc173c7a-5.jpg ]

独創的で先進的な新技術を使って、画像処理の最先端市場を創造し、世界を目指してまいります。
・会社名:株式会社フォトロン
・本 社:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング 21階
・代表者:代表取締役社長 瀧水 隆
・創 業:1968年7月10日
・資本金:1億円
・事業内容:放送用映像機器、民生用および産業用電子応用システム(CAD関連ソフトウェア、ハイスピードカメラ・画像処理システム、その他)の開発、製造、販売、輸出入
・URL:https://www.photron.co.jp/
・X:https://twitter.com/Photron_PR

株式会社IMAGICA GROUP


[画像7: https://prtimes.jp/i/37973/303/resize/d37973-303-2db6abea4c28fbe80e1e-5.jpg ]

1935年の創業以来、新たな“映像”の価値創出に挑戦し続け、これからも「世界の人々に”驚きと感動”を与える映像コミュニケーショングループ」を目指してまいります。
・会社名:株式会社IMAGICA GROUP / IMAGICA GROUP Inc.
(東証プライム市場、証券コード:6879 イマジカG)
・代表者:代表取締役社長 社長執行役員 布施 信夫
・所在地:〒105‐0022 東京都港区海岸一丁目14番2号
・創立:1935年2月18日
・資本金:33億6百万円
・事業内容:映像コンテンツ事業、映像制作サービス事業、映像システム事業等を営むグループ会社の事業の統括
・URL:https://www.imagicagroup.co.jp/
・X:https://twitter.com/IMAGICAGROUP

PR TIMES

「解析」をもっと詳しく

「解析」のニュース

「解析」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ