米国の自動車用ラップフィルムの市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR18.8%で成長予測

1月25日(火)18時48分 PR TIMES

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「米国の自動車用ラップフィルム市場:規模、シェア、動向分析レポート:用途別(大型車、中型車、小型車)、場所別、セグメント別予測(2021年〜2028年)」(Grand View Research, Inc.)の販売を1月24日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/grvi1039275-us-automotive-wrap-films-market-size-share-trends.html

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/2541/resize/d71640-2541-3b16169b00cd44ef4608-0.png ]


米国の自動車用ラップフィルムの市場規模は、2020年には11億8,000万米ドルに達し、2021年から2028年にかけてCAGR18.8%で成長することが予測されています。自動車のカスタマイズに対する消費者の支出が増加していることに加え、輸送車両や食品用トラックなどに使用される中型車の数が増加していることから、今後も、米国における自動車用ラップフィルムの需要が増加すると予想されます。自動車用ラップフィルムには、キャストビニルフィルムとカレンダービニルフィルムの2種類があります。ラップフィルムの製造に使用される原材料には、PVCのほか、可塑剤、顔料、紫外線吸収剤などの添加物が含まれます。PVCは一般的に非常に硬いポリマーであり、柔軟に使用するためには可塑剤が必要になります。可塑剤には、モノマー系とポリマー系があります。顔料や紫外線吸収剤は、フィルムの耐光性や耐紫外線性を向上させるために使用されます。

米国の自動車用ラップフィルム市場は、サインやグラフィックを用いた広告産業の成長、自動車への広告掲載需要の増加、自動車塗装に比べて低コストであることなどが、市場成長の主な要因となっています。しかし、ポリ塩化ビニル(PVC)の使用を制限する政府の厳しい規制が、市場成長を抑制することが予想されます。

自動車用ラップフィルムは、傷や擦れ、日光による退色から車両を保護し、塗装を包み込むことで、再販価値を維持します。フリートラップは、新製品の発表やマーケティングイベントなどのプロモーションや広告に最適で、他の広告媒体に比べて知名度を15倍に高めることができます。

自動車用ラップフィルムは、悪路では石などで簡単に破れてしまうため、ハイドロディッピング(水転写印刷フィルム)はバンパーへの使用が人気を集めています。ハイドロディッピングに必要な加工時間は、自動車用ラップフィルムの施工に比べて短くて済み、低コストであることから、自動車愛好家の主要な選択肢として利用され始めています。

ロケーションに関する考察

2020年は、エクステリアロケーションセグメントが、市場の売上高の90.0%以上のシェアを占めました。これは、自動車用ラップフィルムが主にボンネット、ドア、バンパー、ボンネットなどに活用されていることに起因しています。自動車用ラップフィルムは、オリジナルの塗装を保護し、自動車の清掃を容易にします。また、自動車愛好家は、自動車の表面の仕上げや色を変えるために、頻繁にラップフィルムを交換しています。一般的に、その耐用年数は5〜6年と言われています。

自動車用ラップフィルムは、ダッシュボード、カップホルダー、ステアリングホイールの一部、グローブボックスなど、自動車の内装部分にも使用されます。自動車内装用ラップフィルムは、最長で12〜15年の長期使用が可能で、クリーニングも容易です。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1039275-us-automotive-wrap-films-market-size-share-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

PR TIMES

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ