運動部活動における目標設定と管理をサポートするアプリ『zenow(ゼノウ)』のβ版事前登録を開始

2023年1月25日(水)11時46分 PR TIMES

筑波大学発ベンチャー

株式会社norths(ノース)[本社:茨城県つくば市、代表:池田卓史(叶卓史)]は、2023年3月にリリースするβ版の事前登録ユーザー募集を開始いたしました。本サービスは、高校生以上のスポーツ選手とその指導者を対象に、選手の目標設定と自己管理をサポートするアプリ『zenow(ゼノウ)』を提供します。選手の思考過程を指導者にリアルタイムで共有することで、選手の細かな変化も見逃さず、コーチングの質向上に貢献します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/115033/1/resize/d115033-1-02c997aea6f6d99f76f8-4.jpg ]



β版の事前登録はこちら
https://norths.jp/zenow/




サービス背景



YouTubeやTikTokなどの動画メディアが普及したことで、誰もが気軽にネットからスポーツに関する情報を入手できるようになった現代ですが、実際の現場では、得られる情報は増えてもそれを十分に活かしきれていません。高校や大学において選手自身が練習の目的を理解し正しく情報の取捨選択を行うことは難しく、さらに本来ならば選手1人1人の目標設定と手段の選択を対話的にサポートすべき指導者も、校務で忙しく選手全員と1対1で話す時間を取れていないのが現実なのです。
我々は、この2つの問題を解決するためには、選手自身で目的意識を向上させることができ、さらに指導者も短時間で選手の思考過程や変化を把握できる仕組みづくりが必要だと考え、サービスの開発に至りました。



サービス特徴



[画像2: https://prtimes.jp/i/115033/1/resize/d115033-1-de867a23d58c59500784-5.jpg ]



目標の設定
目標と手段を構造化することでひと目で確認でき、個々の練習メニューに対する目的意識が明確になります。


優先順位の算出
モチベーションと難易度を設定することで自動的に優先順位が算出され、選手が自力で今やるべき練習を意思決定できるようになります。


[画像3: https://prtimes.jp/i/115033/1/resize/d115033-1-dda550987d8373cc7a2a-6.jpg ]



選手の目標一覧
選手全員の目標と、思考の過程をリアルタイムに確認。一人ひとりの選手に寄り添った支援を可能にします。

過去データとの比較
選手自身が入力した過去と現在の記録を比較することで、一人ひとりの細かな変化も見逃しません。「今、指導を必要としている選手は誰なのか」が明確になります。


β版の事前登録はこちら
https://norths.jp/zenow/




代表コメント



[画像4: https://prtimes.jp/i/115033/1/resize/d115033-1-5b31ef43d0d8e2994ef3-7.png ]


私自身SNSで野球の投球動作改善に関する発信をしており、そこから繋がった選手30名ほどの指導をしておりました。その中で、流行りの練習ばかりつまみ食いして、技術が全く定着しない選手を多く見てきました。
ネットの普及によって情報格差がなくなり、スポーツを学習する機会が平等になった一方で、選手自身がその断片的な情報に目的を持たせて正しく活用することの難しさを実感しました。我々は体育の東大とも呼ばれる筑波大学発のベンチャー企業として、情報社会におけるスポーツ学習の在り方をアップデートしていきます。




会社概要



会社名:株式会社norths(ノース)
所在地:茨城県つくば市吾妻2丁目5-1
    つくば市産業振興センター1F
設立 :2021年3月15日
代表者:池田卓史(叶卓史)
企業サイト:https://norths.jp/
お問い合わせ先:takumi.k@norths.jp

※本プレスリリースに記載された情報は、配信日現在のものです。サービス内容・お問合せ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

PR TIMES

「運動」をもっと詳しく

「運動」のニュース

「運動」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ