宜野湾市の人気和食店「米や松倉」を株式会社Blendwellが事業承継

2024年1月25日(木)17時17分 PR TIMES

創業者の思いを受け継ぎ、新たな商品開発も視野に入れたM&Aを発表

株式会社Blendwell (代表取締役:嶋袋 圭太/本社:沖縄県うるま市)は2024年1月25日より、米や松倉(店主:浅野隼人/沖縄県宜野湾市)を事業承継します。米や松倉の店舗運営を継続し、創業者店主が実現できなかった新たな取り組みとして、米の卸売業や、米を活かした商品開発などを視野に入れ、自社のナレッジを活かしたM&Aを実現します。

[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/107768/3/107768-3-fc25cbaab6b303adb9faa99819342454-2000x1333.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]和食店のイメージとは対照的なアメリカン住宅をアレンジした店舗は沖縄ならでは。[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/107768/3/107768-3-9d35ae28aa910078d6e5369679fa24c7-2000x1333.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]内装に東北の建具や家具が使用され、和と洋が融合している。

事業展開について

株式会社Blendwellは「米や松倉」を、M&Aによって事業承継し、当社が展開するレストラン経営のナレッジを活かした店舗運営の継続に加え、お米を使用した商品開発、販売販路拡大などの新規事業展開を目指します。

[画像3: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/107768/3/107768-3-8beb257b1a68a09323882495ce617943-2000x1333.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]季節の天ぷらや焼き魚を中心とした 松倉の昼食 松 MATSU 2,500円(税込)。[画像4: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/107768/3/107768-3-b0ed356b9b8838b36a413daeda93f270-2000x1333.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]ごはんは店主の実家から直送される米をお店で精米し、土鍋で炊き上げる。

[画像5: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/107768/3/107768-3-386527b44c6b20fadb341a032636d0b3-2000x1333.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]宮城から持ち込んだ家具や建具を使用した店内。
事業継承へのストーリー

「米や松倉」は2006年に米の販売から始まり、2009年に香港と農家単独で米の輸出に成功。2011年1月から現在の和食店の形で経営がスタートしました。宮城県にある店主の実家は米農家。直送される米を使用した、炊きたてごはんの美味しさには定評があり、客足の絶えない和食店です。経営のみならず、店主自ら現場へ出て客の声やニーズをつぶさに拾い、取り入れることで、順調な店舗経営を続けてきました。しかし、 そこから新たな事業展開を構想するも、リソース的に取り組めないという課題がありました。

「米や松倉」が抱えていた人的リソースの課題には、店主夫妻が新たに児童福祉施設を立ち上げるという背景もありました。かつて店主自身が沖縄へ移住した際、手を差し伸べてくれた地域住民へのお礼として、実家の米をプレゼントしていたところからスタートした「米や松倉」。地域貢献にも取り組みたい想いはその時芽生え、自身の子育てや、妻のピアノ教室をきっかけに、子供の未来をサポートすることで、地域貢献を叶えたいと考えるようになりました。

児童福祉施設の運営が決定したことにより、「米や松倉」を経営し続けることは不可能と判断した店主は、「米や松倉」を事業承継という形で売却することを決意します。3社程手があがった中、最終的に当社が事業承継することになったのは、居抜きといった方法ではなく、これまでの「米や松倉」の考えに共感し、活かして発展させたいという経営理念の一致が決め手でした。

当社はこれからも、これまで通りの「米や松倉」を継続しながら、日本が世界に誇る主食である米の美味しさ、店主の父が作る米の美味しさをより多くの人々に届けたいという創業者店主の想いを受け継いでいきます。また、既存客をはじめとした様々なステークホルダーに愛される店舗となるべく、地域貢献の視点からもさらなる発展を目指します。

「米や松倉」について

松倉のこだわりは、季節の食材の持ち味を生かした和食。そして土鍋でふっくらと炊き上げたつやつやのごはん。どこか懐かしくほっとする味は、店主が生まれ育った自然の恵み、豊かな故郷から生み出されています。 山菜やきのこや木の実、里まで降りてくるイノシシ、 祖母が作る漬物、一面に広がる水田、秋には黄金に輝く稲穂。松倉の料理で日本の原風景を感じていただければ幸いです。
[画像6: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/107768/3/107768-3-b6311088f963fb437d62e786ce809f98-1134x754.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]「米や松倉」の米は大和町の「七つ森」と呼ばれる7つ連なる山の一つ「松倉山」のふもとで生産される。「山田沖」と呼ばれる一角は昼夜の気温差が大きく、奥羽山脈からの清水に恵まれ、米作りに適した環境で育つ為特に質が高い。収穫量の少なさから市場に流通することなく、家族や親しい間の人たちで食していた良食味米。 米や松倉で取り扱う「ひとめぼれ」は正真正銘100%「山田沖」産。

[画像7: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/107768/3/107768-3-5568a66e492a22de4ca09fd5729034ad-1333x2000.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]一般的に市販のお米は品質管理の為、水分量を11%前後に抑えているが、 専業農家(自家)から直送される松倉米の水分量は15.5%。 日本人が最も美味しいと感じる水分量を保った米はさらに店内で精米されるため、美味しさが保たれている。[画像8: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/107768/3/107768-3-00c54c34a526be15ea64430172b89923-1333x2000.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]沖縄県内の飲食店や一般客へ、米の販売も行う。

店舗情報

米や松倉
IG:https://www.instagram.com/komeyamatsukura_okinawa/
住所:沖縄県宜野湾市大山2-11-26
https://maps.app.goo.gl/MPVQRktnzYzsN9U17
電話番号:098-880-3829
会社概要

株式会社Blendwell / Blendwell Inc.
設立:2018年9月13日
所在地:904 - 1106 沖縄県うるま市石川曙3-12-18
代表者:代表取締役 嶋袋圭太
https://www.blendwell.co.jp/

PR TIMES

「宜野湾市」をもっと詳しく

「宜野湾市」のニュース

「宜野湾市」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ