ネイルケアがもたらす「ワーク・エンゲイジメント」向上効果の研究スタート!!

1月26日(水)10時17分 PR TIMES

株式会社J.P. et YORZANと慶應義塾大学SFC研究所 仕事とウェルビーイングコンソーシアム(代表:島津 明人 総合政策学部 教授)はこのたび労働者を対象にネイルケア(爪を磨き・整える)がもたらす、ワーク・エンゲイジメント向上効果の研究をスタートしました。




[画像1: https://prtimes.jp/i/64499/6/resize/d64499-6-117927aac12fd06f30f3-4.jpg ]


昨今の社会環境の変化に伴い、精神的不調の予防や対策に留まらず、個々人のモチベーションの向上やいきいき働ける環境作りといった取り組みを進めることがあらゆる組織において重要な課題となっています。
このような中で提唱された概念の一つであるワーク・エンゲイジメントは、「仕事に関連するポジティブで充実した心理状態」と定義され、活力、熱意、没頭によって特徴づけられています。

ワーク・エンゲイジメントについては、これまでの研究からワーク・エンゲイジメントが高まると、従業員のメンタルヘルスに良い影響があるだけでなく、パフォーマンスと生産性も高まることが分かっています。昨今では、ワーク・エンゲイジメントの向上を目的とする研究が多く実施されており、ワーク・エンゲイジメントの向上に寄与する様々な因子が分かってきています。

ネイルケアについても心理的にポジティブな効果が得られることが報告されておりますが、ワーク・エンゲイジメントの向上への効果を実証的に検証した研究はまだありません。

本研究では、ネイルケアの施術を受けることによるワーク・エンゲイジメント向上効果を、前後比較試験という方法によって、科学的に検証することを目的としています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/64499/6/resize/d64499-6-a0349085353c96afd1d0-0.jpg ]



この研究から、ネイルケアの有効性が明らかになれば、社員のワーク・エンゲイジメント向上がネイルケアというサービスを活用することで実現する可能性が広がります。

株式会社TATは経営理念に基づき、ネイリストの職業価値向上のためこの取り組みを支援しています。

【このサービスに関する問い合わせ先】
株式会社J.P. et YORZAN東京都港区六本木5-2-5 鳥勝ビル3F
電話番号 03-5860-6166 メールアドレス s-kato.b@work-engagement.net
代表 加藤さおり

PR TIMES

「ネイル」をもっと詳しく

「ネイル」のニュース

「ネイル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ