株式会社EmolutionCreative、AI技術を活用した感情研究機関「Emolab(エモラボ)」設立

2024年1月26日(金)18時46分 PR TIMES

AI技術を活用した分析と研究で「感情データベース」を構築し、「感情学」という新たな学問領域を築くことを目指します。

株式会社EmolutionCreativeは、感情を科学的に探究し、社会のプラス感情を増やすことを目的とした研究機関「Emolab(エモラボ)」を設立しました。当社は2011年の創業以来、感情を中心に据えた事業と研究を続けてきましたが、この研究機関の設立により、私たちの挑戦は新たな段階に入ります。この取り組みは、感情データベースの構築、プラス感情を増やすための知見の発信、そして感情学の確立を目指します。
[画像1: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/114014/3/114014-3-29f9c966c05381c5e75e31670a962bd2-2401x721.png?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]
感情データベースの構築: 私たちは、様々な状況から得られる感情データと、先行研究者たちの貴重な知見を尊重しながら、世界最大級の感情データベースを構築することを目標にしています。このデータベースは、感情のパターンや傾向を分析し、より良い理解と応用を可能にします。

プラス感情の総量を増やす知見の発信: Emolabの究極の目標は、個人と社会のプラス感情を増やすことです。これを実現するために、私たちは感情に関する研究結果や知見を積極的に発信し、教育、健康、ビジネス、エンターテイメントなどの分野での応用を目指します。

「感情学」の確立: Emolabでは、「感情学」という新たな学術領域の確立を目指します。これは、脳科学、心理学などの感情に関するあらゆる研究分野を横断し、先行する研究者たちと協力してこの分野をさらに発展・統合させていきたいと考えています。

技術の特長: Emolabは、運営会社である株式会社EmolutionCreativeが開発している非公開の最先端AI感情分析システムを駆使して、人間の感情を科学的に解析します。このシステムは、動画、文章、画像、音声から感情を読み取り、ウェアラブルデバイスと連携することで、ストレスや睡眠データなども分析可能です。この技術は、教育、健康、エンターテイメント、スポーツ、マーケティング、HRなど多岐にわたる分野での応用が期待されます。

[画像2: https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/114014/3/114014-3-79deee67b271c87d5342d5a8a25fab05-3841x2161.jpg?width=536&quality=85%2C75&format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&bg-color=fff ]EmolutionCreativeの感情分析システムは動画、文章、画像、音声から感情を解析。ウェアラブルデバイスと連携してストレスや睡眠データの計測も可能。

プライバシーと倫理の保証: 当機関では、感情データの収集と分析に際して、最高レベルの倫理規範とプライバシー保護の基準を遵守します。個人情報の安全と尊厳を最優先し、研究の透明性と責任を保証します。

共同研究者、協業会社を募集: Emolabは、この刺激的で挑戦的な旅に参加し、協力してくださる研究者、学生、専門家、そして協業によるイノベーションを期待できる企業との連携を募集しています。一緒に、感情の未知なる領域を探究し、新たな知見を世界に提供しましょう。

感情研究機関「Emolab(エモラボ)」
代表 松石 圭介

株式会社EmolutionCreativeについて: 当社は2011年に設立され、感情を通じて人類の生活を豊かにすることを使命としてきました。Emolabの設立により、私たちはこの使命をさらに前進させていきます。

お問い合わせ先:
取材、協業のお問い合わせはこちらからお願い致します。
https://www.emolution.co.jp/contact

PR TIMES

「感情」をもっと詳しく

「感情」のニュース

「感情」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ