障がい者の就労支援に取り組む株式会社チャレンジドジャパン、じもと創生本業支援ファンドからの資金調達に関するお知らせ

1月29日(火)15時40分 PR TIMES

優先株式の引受先は日本政策投資銀行などが共同出資する「じもと創生本業支援ファンド投資事業有限責任組合」

株式会社チャレンジドジャパンは、1月29日付けでB種優先株式を発行し、じもと創生本業支援ファンドより資金調達しました。資金使途は就労移行支援事業所やデザイン事業の新規拠点展開。

株式会社チャレンジドジャパン(宮城県仙台市青葉区本町2-3-10 代表取締役:白石圭太郎 Tel 022-748-6250)は、1月29日付けでB種優先株式を発行し、じもと創生本業支援ファンドより資金調達しました。
障がいのある方を対象に就労移行支援サービスを提供している株式会社チャレンジドジャパン(代表取締役:白石圭太郎、以下「当社」という。)は、議決権のないB種優先株式の発行により資金調達しました。本件調達は、新たな就労移行支援やデザイン事業の事業所の開設資金への充当と財務基盤の強化に繋がります。

優先株式の割当先は株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:渡辺一)、株式会社きらやか銀行(代表取締役頭取:粟野学)および株式会社仙台銀行(代表取締役頭取:鈴木隆)が共同出資する「じもと創生本業支援ファンド投資事業有限責任組合」(以下「当ファンド」という。)となっております。 当ファンドは、山形・宮城両県を中心に、中堅・中小企業のさらなる成長や事業承継などの取り組みに対して、優先株式や劣後ローンなど多様な金融サービスの提供により地域創生に貢献することを目的に平成27年10月に設立されました。なお、当ファンドでは平成28年12月にも当社の発行する優先株式の引受けを実施しており、本件は当社に対する二度目の優先株式引受となります。

当社は、障がい者向け就労移行支援事業所「ひゅーまにあ」を中心とした福祉サービス事業を運営しております。平成20年の設立以降、生活支援から就労後の定着支援まで、利用者毎に最適かつ地域に根差した就労支援を行っており、現在では宮城県および首都圏を中心に27事業所を展開しています。今般、当ファンドより資本性の成長資金を調達し、各地域における障がい者の就労・定着ニーズに応え、事業所展開を行っていく予定です。

また、当社は、企業理念「かかわる全ての人たちの安心と希望のために」を掲げ、障がい者の就労を通して、ノーマリゼーション型社会の実現を目指しており、近年は、就労支援とアート、デザインを組み合わせたデザインブランド「RATTA RATTAR(ラッタラッタル)」の展開など、共生社会の実現に向けた新しい価値の創造にも積極的に取り組んでおり、平成29年には経済産業省が定める「地域未来牽引企業」にも選定されております。
[画像1: https://prtimes.jp/i/23069/6/resize/d23069-6-673652-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/23069/6/resize/d23069-6-733516-3.png ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/23069/6/resize/d23069-6-841799-2.jpg ]


【会社概要】

会社名:株式会社チャレンジドジャパン
代表者:白石圭太郎
所在地:宮城県仙台市青葉区本町2-3-10 仙台本町ビル2F
業 種:障害福祉サービス

【主な事業】
◯就労支援センターひゅーまにあ
https://ch-j.jp

◯RATTA RATTARR(ラッタラッタル)
https://rattarattarr.com/
nstagram ratta_rattarr

【お問い合わせ先】
総務G
メール:info@ch-j.jp
電話:022-748-6250

PR TIMES

「株式会社」をもっと詳しく

「株式会社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ