先進諸国が最注目する「Credit Tech(クレジットテック)」のカオスマップを公開〜信用を創造し、シェアリングエコノミーやキャッシュレス社会を推進する新しい領域〜

1月30日(火)13時1分 PR TIMES

株式会社ネットプロテクションズ(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:柴田 紳、以下当社)は、「テクノロジーを用いて、信用情報を新たに創造することで、信用をより精緻化するビジネス領域」としての「Credit Tech」の現状を明らかにするため調査チームを立ち上げ、日本における「Credit Tech」領域のカオスマップを作成しましたので、発表いたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/22451/42/resize/d22451-42-388754-0.jpg ]

■「Credit Tech」(クレジットテック)とは
「テクノロジーを用いて、信用情報を新たに創造することで、信用をより精緻化するビジネス領域」です。テクノロジーの進歩にともない、新しい形の取引(web上の取引、CtoCマーケットなど)が登場し、そこにおいては取引にかかる”信用リスク”が大きくなっています。結果、従来の信用情報だけでは取引にかかる信用リスクを担保するためのコストが大きく、新しいサービスやビジネスが成立しにくい、もしくは利用しにくい状況が生まれています。そこで近年注目されている領域が、「Credit Tech」です。従来の枠組みにとらわれない信用情報を集積し、新たな切り口で「信用」を精緻化することで、これまでにない取引やサービスの成立を可能にしていきます。海外事例として、中国ではアリババが政府の後押しを追い風としながら、保有する大量の購買データと決済データを用いて、個人の"信用"を定量化、可視化する動きが加速しています。また欧米でも、ドイツの「Kreditech」社やスウェーデンの「Klarna」社のように、従来の銀行や政府の信用基盤のみに依拠しない信用の担保の方法が生まれています。諸外国に比べ、比較的"信用リスク"の低い日本でも、近年この動きは徐々に現れ、様々なサービスが登場しています。

■調査所感
「Credit Tech」は全ての取引・サービスの基盤となる重要領域でありながら、日本においては諸外国に比較して発展途上の状態と言えます。新しい信用情報を保有、または自社内で活用するプレイヤーは存在しますが、中国のように政府や企業同士が連携し、大きく発展させていく動きは多くありません。一方で、多面的な切り口で信用情報を保有するプレイヤーが徐々に増えてきているのも事実としてあり、今後数年で大きな盛り上がりをみせていく領域と言えます。

■当マップについて
日本における「Credit Tech」領域の外観を紹介しています。図中左側、「Credit Tech 企業」とは、信用情報を創造し、信用を精緻化している企業です。図中右側、「新しい信用を活用しているサービス」とは、新しく創造された信用を用いたサービスやプロダクトを展開している企業群です。この2者は相互に連関しています。「新しい信用を活用しているサービス」により蓄積された情報が新たな信用情報となり、その情報を活用したつぎの「新しい信用を活用しているサービス」が登場することも考えられます。つまり、「新しい信用を活用しているサービス」を提供する企業が、つぎの「Credit Tech企業」になることも考えられます。

※配布について
フルサイズのPDF ファイルは下記URL からご覧いただけます。
URL:https://corp.netprotections.com/pdf/chaosmap_credittech.pdf

※ロゴ・サービス名称の掲載希望について
当マップに記載を希望される方は netprotections@vectorinc.co.jp までご連絡ください。ご詳細を
伺い、次回更新時に掲載を検討させていただきます。

■株式会社ネットプロテクションズ 概要
当社は、テクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指しています。2002 年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP 後払い」の提供を開始し、前年比約140%のスピードで成長を続け、現在では累計利用者数が1 億人を突破するまで成長するに至りました。2014年より、同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP 掛け払い」の本格販売を開始し、前年比約170%のスピードで成長を続けているほか、2017年には新しいカードレス決済「atone(アトネ)」をリリースいたしました。保有するユニークなビッグデータは顧客の購買歴・支払い歴をあわせた取得難度の高い信用データです。今後は蓄積した信用データをもとに、様々な領域でのデータ活用・展開を模索していきます。

・商号 :株式会社ネットプロテクションズ
・代表者 :代表取締役社長(CEO)柴田 紳
・URL :http://corp.netprotections.com/
・主な事業内容:BtoC 通販向け後払い「NP 後払い」の運営
        BtoB 向け後払い「NP 掛け払い」の運営
        BtoC サービス向け後払い「NP 後払いair」の運営
        新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の運営
        ポイントプラグラムの運営
・設立 :2000 年1 月
・資本金 :3 億8 千5 百万円
・所在地 :〒104-0061 東京都中央区銀座1 丁目10-6 銀座ファーストビル4F

PR TIMES

「キャッシュレス」をもっと詳しく

「キャッシュレス」のニュース

BIGLOBE
トップへ