渡部建「電動アシスト自転車」アンバサダー就任 詳しすぎる説明に社員も驚いた

2月1日(金)11時0分 J-CASTニュース

(左から)パナソニック サイクルテック・野中達行新代表取締役社長、渡部建さん、片山栄一前代表取締役社長

写真を拡大

パナソニック サイクルテック(大阪府柏原市)とベビー業界大手のコンビ(東京都台東区)が共同開発した子乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム」は、2018年12月3日の発売から1か月で、「受注数1万台」を突破した。パナソニック サイクルテックによると、これは通常の販売スピードの2倍の速さだという。


同社は、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんを「ギュット・クルーム」のアンバサダーに起用。その就任式が19年1月31日、東京・南青山で行われた。



3つの「ぎゅっと守りたいもの」は、妻と息子と...


就任式冒頭、「ギュット・クルーム・EX」を押しながら登場した渡部さんは18年9月に第一子が誕生したばかりの「新米パパ」だ。アンバサダー就任に当たり、ギュット・クルームについて勉強・試乗したという。



「ギュット・クルームの魅力」を問われると、コント時のように流ちょうな話しぶりで、揺れによるストレスや体への負担を軽減する、ベビーカーのような乗り心地の「クルームシート」をはじめ、子どもが振動やうたた寝で頭をぶつけても衝撃を和らげてくれる「ソフトグリップ」などについて、実際に手で指し示しながら解説。パナソニック サイクルテック社員から「素晴らしい」と絶賛されていた。



またギュット・クルームになぞらえ、渡部さんは3つの「ぎゅっと守りたいもの」をフリップで説明した。妻と息子に続き、最近、家を購入した相方・児嶋一哉さんにも言及し、



「最近、相方の児嶋の名前が『大嶋』と間違えられなくなった。『大嶋さん』、『大嶋じゃないよ、児嶋だよ』というのが彼の唯一のギャグなんです。間違えることで仕事も増えると思うので、よろしくお願いします...男性の平均寿命は大体80歳くらいなのに、79歳までローンを組んじゃったので」


と、心配する様子を見せていた。



妻・佐々木希さんにしてあげたいこと


イベント当日の1月31日は、日本愛妻家協会が提唱する「愛妻の日」だった。渡部さんは妻で女優の佐々木希さんに、愛妻の日に「してあげたいこと」について質問されると、



「本当に日々、育児を頑張ってくれていて、肩が凝ったり腕が痛くなったりしていそうなので、この『ギュット・クルーム』にかけて、妻をぎゅっとマッサージしてあげたいです」


と愛妻家の一面を覗かせつつ、アンバサダーとしてギュット・クルームのアピールも忘れなかった。

J-CASTニュース

「渡部建」をもっと詳しく

「渡部建」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ