ジェイピー・セキュア、WAFの活用をトータルサポートする各種技術支援サービス「JP-Secureプロフェッショナルサービス」を提供開始

2月5日(火)9時30分 @Press

国内保護サイト数100万超で利用されているソフトウェア型Web Application Firewall(以下、WAF)(*1)製品「SiteGuardシリーズ(*2)」の開発、販売、サポートを手がける株式会社ジェイピー・セキュア(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:菅原 修、以下、JP-Secure)は、SiteGuardシリーズの活用をトータルサポートする各種技術支援サービス「JP-Secureプロフェッショナルサービス」を、2月5日から提供開始することをお知らせします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/176438/LL_img_176438_1.png
PSロゴ

SiteGuardシリーズは、ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用する様々な攻撃に対し高い防御性能とユーザビリティの両立を実現したソフトウェア型国産WAF製品です。簡単なインストールと初期設定、手間のかからない運用、当社技術者による安心サポートにより、セキュリティに詳しい方が不在でも導入・運用が可能なWAFとして、セキュリティ要件の厳しい官公庁やメガバンク等の大企業から、効率的な運用が不可欠な大規模ホスティングサービス事業者まで、国内100万サイト以上で利用されています。
しかしながらWAFの導入が一般的になり、大幅に増加するユーザーの中には、管理者が不在で簡単な設定変更やバージョンアップ作業等も外部に委託したい、また大手のユーザーを中心に、さらに詳細でユニークなチューニングを専門家に任せることはできないかとのニーズが増えてまいりました。このようなニーズにお応えするべく、当社技術者がSiteGuardシリーズの活用をトータルサポートする各種技術支援サービスである「JP-Secureプロフェッショナルサービス」を提供することになりました。


●「JP-Secureプロフェッショナルサービス」の概要
・SiteGuard導入サービス
SiteGuardシリーズの製品インストール、およびヒアリングシートに基づく初期設定のほか、一定期間の検出ログを解析し、設定のチューニングを実施するサービスです。

・SiteGuard運用支援サービス
SiteGuardシリーズのウェブ管理画面の設定代行、カスタム・シグネチャの作成、製品アップグレード作業をリモートから実施するサービスです。

・SiteGuard製品トレーニングサービス
SiteGuardシリーズを導入・運用されるお客様向けの製品トレーニングサービスです。製品のシグネチャ検査やログの確認・除外設定方法の作成を中心に、お客様のご要望に応じたトレーニングを実施します。

JP-Secureプロフェッショナルサービス詳細
https://www.jp-secure.com/service/

SiteGuardシリーズ詳細
https://www.jp-secure.com/product/


◆注釈に関して
*1 Web Application Firewall(ウェブアプリケーションファイアウォール)
ウェブアプリケーションの脆弱性を悪用する攻撃から、ウェブアプリケーションを保護する製品・サービスのこと。

*2 SiteGuard(サイトガード)シリーズ
ウェブサイトの脆弱性を悪用した攻撃を防御するソリューションとして、官公庁や金融機関をはじめとした大企業から個人向けレンタルサーバーまで、国内保護サイト数100万超で利用される純国産のソフトウェア型WAF製品。ソフトウェア製品の特性を生かし、オンプレミスやクラウドなどのインフラ環境を問わず多様なシステム環境で利用でき、高い防御性能とユーザビリティの両立を実現している。


■会社概要
会社名 : 株式会社ジェイピー・セキュア
代表 : 代表取締役 菅原 修
所在地 : 神奈川県川崎市幸区堀川町580 ソリッドスクエア 東館6F
設立 : 2008年7月1日
資本金 : 11,000,000円
業務内容: セキュリティ関連製品の開発、販売、サポート
URL : https://www.jp-secure.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「保護」をもっと詳しく

「保護」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ