「人物デッサン」の上達テクニック満載!! 良質な作例から学ぶ、人のかたち・奥行き・存在感の表現を徹底解説!

2月5日(火)10時40分 PR TIMES

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2019年2月18日(月)に、『人物デッサンテクニック』を刊行いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/12109/682/resize/d12109-682-734851-0.jpg ]

「人物デッサン」に対する、苦手意識を持っている方は多いと思います。

人体を描くうえで「バランスがとれていること」は重要ですが、
本書では「人の存在感を表現する」ことをテーマとしています。

そのために、まず大事なことは「観察」すること。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12109/682/resize/d12109-682-472309-1.jpg ]

髪の生え際から毛先までの流れ、腕を伸ばしたときの筋肉、スカートに出来たしわ、床に落ちた影、体重を支える脚。
すべてに意味があることを理解し、見たものをそのまま描きおこすのではなく
「存在感を表現する」という思考で、デッサンに向き追えば、確実に上達します。

眺めているだけでも学べる、ハイクオリティなデッサンを作例にしていますので、
高いモチベーションで、デッサンに取り組めます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/12109/682/resize/d12109-682-362658-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/12109/682/resize/d12109-682-873953-3.jpg ]

【目次】
<人物デッサンの基礎知識>
鉛筆デッサンの道具/デッサンの準備/モデルの服装とポージング/人体の構造を知る/アングルを変えて上達を目指す/陰影を描く/重量感を出す/奥行きを出す

<上達のためのレッスン>
人体の構造/服の構造とシワ/2次元から3次元へ/人体のバランス/デッサンから表現へ/奥行きと空間/陰影(順光・斜光・トップライト)/いろいろな顔/自画像(鉛筆・木炭)/手/脚/服のシワ

【著者・監修者プロフィール】
著者:小能 一樹(このう・かずき) 
画家。1997 年生まれ。
東京藝術大学絵画科油画専攻在学。御茶の水美術学院で指導に従事。
人間という存在に対しての研究をしていく過程で、その時々に感じたことをもとに描いている。身近に起きた体験、印象的な言葉を深く掘り下げることで、内面的な部分を探る。

監修者:戸川 馨(とがわ・かおる)
画家。1958 年生まれ。
東京藝術大学絵画科油画専攻卒業、同大学院壁画科修了。桜美林大学芸術文化学群非常勤教員。
自然界の森羅万象のイメージを純粋に造形要素の形と色に分解し、再構成している。雲、大気、夕焼け、植物(花)といったイメージまたは目にすることのできない光景、とりわけ地中の世界をテーマに抽象化した心象風景を制作。東京を中心に個展、グループ展多数。北軽井沢在住。

【書籍概要】
書 名:人物デッサンテクニック
著 者:小能 一樹
仕 様:B5判、160ページ
定 価:本体1,800円+税
配本日:2019年2月18日(月)
ISBN:978-4-416-51909-7

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416519097
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/15729108/
ヨドバシ.com:https://www.yodobashi.com/product/100000009003073185/
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4416519095
honto:https://honto.jp/netstore/pd-book_29409128.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1106954781

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

PR TIMES

「デッサン」をもっと詳しく

「デッサン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ