カプセルホテル「ナインアワーズ」駅とダイレクトに繋がる2つのナインアワーズがオープン

2月7日(木)14時40分 PR TIMES

「ナインアワーズなんば駅」2019 年4月26日(金)開業。2019年初夏には福岡にも開業予定。空間デザインは成瀬・猪熊建築設計事務所が担当。

株式会社ナインアワーズ [本社:東京都千代田区、代表取締役ファウンダー油井啓祐 / 代表取締役CEO 松井隆浩、以下:ナインアワーズ]は、株式会社ビーロット[本社:東京都港区、代表取締役社長 宮内誠、以下:ビーロット]と組み、2019年上半期中、駅に直結するロケーションに2つの「ナインアワーズ」を開業致します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/23703/17/resize/d23703-17-947912-1.png ]


2019年4月26日(金)には、南海電気鉄道株式会社 [本社:大阪市浪速区、取締役社長兼CEO 遠北光彦] が所有する大阪市浪速区難波中のなんばパークスパークスタワー3階に「ナインアワーズなんば駅」を開業。2019年初夏には、福岡市博多区の中洲川端駅直結の商業施設にも開業予定です。
いずれの施設も、空港、大ターミナル駅など要衝へ通じる路線の駅に直結したロケーションに位置し、利用者にとって更に利便性の高いサービスを提供して参ります。

都心における機能的かつ高品質なトランジットサービスという独自のカテゴリーを目指す「ナインアワーズ」は、ホテル滞在中の「シャワー」+「睡眠」+「身支度」という3 つの基本行動に特化してそれぞれの機能性と品質を徹底追求する考えで開発しました。また、部屋という空間概念を捨てて身軽に使いこなすことで街とダイレクトにつながり、都心ならではの宿泊・トランジットスタイルを提案しております。このため、宿泊に限らず、24 時間お客様のご都合に合わせて仮眠やシャワーのみでもご利用いただけます。

都心の商業激戦地区への出店。自由自在に展開可能なカプセル
これまで小売店を中心に構成されてきた駅直結型で展開されるターミナル型大型商業施設は、近年の消費動向の変化により、体験型店舗や公共施設など、物販にとどまらないさまざまな業態が入居し、時代に即した利便性の高い施設へと変化しています。機能性と品質を徹底追求する考えで開発した「ナインアワーズ」のシンプルなスタイルは、大小また、地階から高層階まで、あらゆるロケーションへの出店が可能です。利便性の高い立地への出店により、都市と都市を移動する旅行者へむけて、独自のトランジットサービスを展開致します。「ナインアワーズ」は、今後もターミナル型施設や、大型モールなどへの出店を強化してゆく予定です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/23703/17/resize/d23703-17-352791-0.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/23703/17/resize/d23703-17-152732-2.png ]


空間デザインは成瀬・猪熊建築設計事務所が担当。ナインアワーズデザインチームに初参画
ナインアワーズは、これまで気鋭の建築家、インテリアデザイナーとともに建築、設計を実施して参りました。この度、両施設の空間デザインには、成瀬・猪熊設計事務所が初めて参画致します。先行事例のないプロジェクトを数多く手掛け、複雑な与件を整理し、建築化、空間化することに長ける成瀬・猪熊建築設計事務所ともに、滞在価値の高い空間を創造します。

空間デザインコンセプト
シャワー・睡眠・身支度という、都市の宿泊に求められる機能を一つ一つのスペースに置き換えて特化・洗練させてきた「ナインアワーズ」。「ナインアワーズなんば駅」では、今までのフォーマットを解体して、機能のレイアウトや組み合わせ、導線を再構築することで、快適性や効率性を更に向上させました。具体的には、水回りと身支度のエリアを連続させ、その中にラウンジ機能を加えることで、シャワー後睡眠に向かうまでの少しの時間や、身支度から外出するまでの時間をストレスなくつなぐことが可能となります。また、これまでは全体を同じトーンでデザインすることが通常でしたが、場所の機能に応じて、最適な色やマテリアルの選定を行い、より機能に特化した空間を追求することで、これまで以上にナインアワーズらしいナインアワーズに仕上げました。(成瀬・猪熊建築設計事務所)


[画像4: https://prtimes.jp/i/23703/17/resize/d23703-17-769293-3.jpg ]


コンセプト
出張や旅行、あるいは残業。都市の宿泊に必要な機能とは、古い一日から新しい一日へのリセット。そこには、1h(汗を洗い流す)+7h(眠る)+1h(身支度)という3 つの基本行動が存在します。その行為を時間に置き換え「ナインアワーズ」と名付けました。この最もシンプルな概念を基に「ナインアワーズ」は、都市生活にジャストフィットする宿泊の機能と、世界に類を見ない新しい滞在価値を提供します。


デザインチーム
「ナインアワーズ」は、ハードからソフト、全て一貫したクォリティでサービスを提供しています。それぞれに適切な価値を作り、高級感ではなく納得感のある新しい豊かさを創造すべく、創業時より、国内外で活躍するデザイナーと共に開発を続けています。

成瀬・猪熊建築設計事務所 [内装設計]
猪熊純と成瀬友梨が2007年に設立。「人々がシェアする場をデザイン」することをコンセプトに、シェアハウス、イノベーションセンター、コミュニティスペース、商業施設からアートスペースまで、全く新しい価値を生み出す空間を企画・設計している。第15回ベネチアビエンナーレ国際建築展(2016年)審査員特別賞など多数受賞。

廣村正彰 [サイン&グラフィックデザイン]
廣村デザイン事務所代表。グラフィックデザインから空間デザインまで幅広く活動。JAGDA新人賞、N.Y.ADC銀賞、グッドデザイン賞、SDA最優秀賞、KU/KAN賞、毎日デザイン賞など受賞多数。

柴田文江 [クリエイティブディレクション・プロダクトデザイン]
Design Studio S 代表。エレクトロニクス商品から日用雑貨、医療機器までインダストリアルデザインを軸に幅広い領域で活動している。ドイツiF デザイン賞金賞、毎日デザイン賞、グッドデザイン金賞など多数受賞。

「ナインアワーズなんば駅」店舗概要
開業日 2019 年4月26日[金]13:00
所在地 大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー3F
[南海電鉄なんば駅直結 大阪メトロなんば駅徒歩約3分]
営業時間 24 時間
休業日 年中無休
延床面積 994.67m2[約300.88坪]
客室数 165 室[男性 82室 / 女性 83室]
所有 南海電気鉄道株式会社
事業主 株式会社ビーロット
運営 株式会社ナインアワーズ
URL ninehours.co.jp/namba/

メニュー・システム ※価格はすべて税込み
宿泊 4,900円〜 チェックイン13:00〜、チェックアウト翌日10:00
仮眠 1,000円〜 最初の1時間は1,000円。以降、1時間毎に500円
利用可能時間13:00〜21:00
シャワー 700円 チェックインから1時間以内に要チェックアウト
24時間利用可能


ナインアワーズ 会社概要
会社名 株式会社ナインアワーズ
代表者 代表取締役ファウンダー 油井啓祐
代表取締役CEO 松井隆浩
本社所在地 東京都千代田区神田錦町3-19-1 不二ラテックスビル7F
設立日 2013年8月
資本金 40,000,000円
業務内容 「ナインアワーズ」および既存カプセルホテル等の
運営・コンサルティング事業
URL ninehours.co.jp


※福岡市博多区への出店情報は、2019年3月頃にご案内させていただきます。

PR TIMES

「カプセルホテル」をもっと詳しく

「カプセルホテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ