GoProから写真やビデオを素早く簡単に楽しむことができる人気モバイルアプリ「Quik」のmacOSデスクトップ版が登場

2024年2月7日(水)13時47分 PR TIMES

新たに機能と特典を拡大した「Premium+サブスクリプションプラン」も発表

[画像: https://prtimes.jp/i/21645/59/resize/d21645-59-140852aa12e13aada491-0.png ]

カリフォルニア州サンマテオ、2024年2月6日 - GoPro (NASDAQ:GPRO) は6日、人気モバイルアプリ、Quik (クイック) (https://gopro.com/ja/jp/shop/quik-app-video-photo-editor)のmacOSデスクトップ版を初公開しました。また、「Premium」サブスクリプション (6,000円) の機能や特典を拡大したPremium+ (16,000円) (https://gopro.com/ja/jp/shop/subscriptions)も新たに発表しました。

GoProサブスクユーザーであれば、Quikデスクトップアプリを追加料金なしで利用できます。Quikモバイルアプリと同期できるため、携帯アプリで編集を開始した後、macOSデスクトップでも仕上げることも可能です。編集ポイントを音楽のリズムと自動的に一致させるBeat Sync機能など、パワフルで便利な編集ツールを使用してハイレベルな動画を簡単に制作できます。Quikの自動ハイライトビデオ機能では編集経験のないユーザーでもプロ並みの仕上がりで動画を作成することができます。GoProサブスクユーザーは、撮影後にカメラからクラウドへ自動アップロードする機能、無制限のクラウドストレージ、ハイライトビデオの自動作成とスマートフォンへの送信、直感的に使えるクラウド編集およびメディア管理ツールといった特典を利用できます。

年額16,000円の新しいPremium+サブスクリプションでは、上記全特典に加え、上級ユーザー向けのHyperSmooth Pro (ハイパースムーズプロ)」ビデオブレ補正ツール、そしてGoProコンテンツ以外に使える500GBの追加クラウドストレージなどが含まれます。
QuikのmacOS版は本日から公開されており、Windows版は年内に公開予定です。

■GoPro CEO 兼創設者 Nicholas Woodman からのコメント
「新しいQuikデスクトップアプリはモバイルアプリやクラウドと同期します。編集スキルを問わず、究極のコンテンツ制作を可能にしてくれます。経験が浅いクリエイターにとっては、Quikの自動編集機能が便利です。プロレベルのユーザーには、高度な編集ツールやAI・コンピュータービジョンも用意されています。アプリの更なる進化にご期待ください」

■Premium、Premium+、Quikサブスクリプションプラン
GoProサブスクユーザーおよびQuikアプリユーザーは、現在3種類のサブスクリプション(https://gopro.com/ja/jp/shop/subscribe-to-gopro-subscription/GoProPlusYearly.html)からプランを選択できます。
1. GoPro Premium
従来のGoProサブスクリプションにつけられた新名称です。新規登録時は3,000円で、更新時は年額6,000円で利用できます。
GoProで撮影したコンテンツを保存できる容量無制限のクラウドストレージ(1)

GoProコンテンツ以外を保存できる25GBのストレージ(2)

モバイル / デスクトップ版Quikで編集内容を同期

カメラの交換保証(3)

GoPro.comでアクセサリーが最大50%オフ(4)

GoProの次回購入で使える$100割引 (メーカー希望小売価格$399以上、年間登録の更新が必要) (5)

クラウドへのコンテンツ自動アップロード、デバイス間での編集内容の同期

ハイライトビデオの自動作成とスマートフォンへの送信

メディア管理ツールの有料機能

GoPro.comや一部のSNSへのライブストリーミング

GoProのプロアスリートやコンテンツクリエイターによる、サブスクユーザー限定のバーチャルセッション

GoProアワード(https://gopro.com/ja/jp/awards)での賞金額が倍増 (写真で$500、ビデオで$1,000)


2.GoPro Premium+
上級クリエイター向けの新たなサブスクリプションプランです。既存のGoProサブスクユーザーは6,000円でアップグレードできるほか6、新規登録および更新時は年額16,000円で利用できます。Premiumの全特典に加えて以下が含まれます。
HyperSmooth Proビデオブレ補正

GoProコンテンツ以外に使える最大500GBのクラウドストレージ2


3. Quikサブスクリプション
年額1,080円でご利用になれます。GoProを使わずスマートフォンでビデオを撮影し、Quikモバイルアプリで編集したいユーザー向けのプランです。このプランには以下が含まれます。
パワフルでシンプルなモバイル編集ツールの有料機能すべて

自動編集

47種類の写真 / ビデオ用フィルター

15種類の編集テーマ (Urban、Memory、Travel、Glitchなど)

300曲以上のオリジナル音楽トラック

150曲以上の著作権フリープレミアムトラック


QuikアプリのmacOS版、iOS版、Android版は無料でダウンロード(https://gopro.com/ja/jp/shop/quik-app-video-photo-editor)のうえ、試用版として使用できます。Windows版は年内に公開予定です。

■GoPro, Inc.について
2022年に創立20周年を迎えたGoProは、臨場感あふれるエキサイティングなコンテンツを撮影し、それをシェアするためのさまざまなツールを提供しています。Facebook、Instagram、LinkedIn、TikTok、X、YouTube、そしてGoProのブログThe CurrentでGoProとつながりましょう。

GoPro公式サイト:https://gopro.com/ja/jp/

GoPro、HEROおよびそれぞれのロゴは、米国およびその他諸国におけるGoPro, Inc.の商標または登録商標です。


(1)容量無制限のクラウドストレージは、GoProデバイス (Fusionは対象外) で撮影したコンテンツのみを対象としています。対応デバイスについては、以下をご覧ください。
https://community.gopro.com/s/article/What-Content-Is-Supported-In-GoPro-Cloud
(2)GoPro以外で撮影したコンテンツは、以下に記載されたファイル形式でのみ保存できます。
https://community.gopro.com/s/article/What-Content-Is-Supported-In-GoPro-Cloud
(3)カメラの交換は同一モデル (HERO8以降) で年2台が上限です。手数料がかかります。以下の国々に限りご利用いただけます。
https://community.gopro.com/s/article/Countries-Eligible-For-Damaged-Camera-Replacement-With-GoPro-Subscription?language=ja
(4)gopro.comでの購入にのみ適用されます。一部対象外のアクセサリーがございます (詳細:https://community.gopro.com/s/article/GoPro-Subscription-Discounts?language=ja)。1年間のサブスクリプションにつき最大10アイテムが上限になります。
(5)gopro.comでご購入いただいた商品にのみ適用されます。
(6)アップグレードのプロモーション価格は、サブスクリプションをgopro.comで購入したGoProサブスクユーザーのみを対象としています。

PR TIMES

「GoPro」をもっと詳しく

「GoPro」のニュース

「GoPro」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ