メットライフ生命とDeNAが業務提携、法人向け「健康増進型保険」の企画開発

2月8日(金)9時0分 MONEYzine

 メットライフ生命とDeNAは、「健康増進型保険」の企画・開発や健康維持関連サービスの提供などで業務提携に合意した。


 日本の長寿化傾向は継続しており、健康寿命も男性72.14歳、女性74.79歳で、男女ともに年々延びている。平均寿命と健康寿命の差は、介護などが必要となる期間で、この差を縮めることが社会保障費抑制につながると言われている。


 メットライフ生命とDeNAはこうした社会的背景を受け、ヘルスケアサービスと生命保険の融合などを目的として業務提携に合意。両社は今後、従業員の健康増進に資する法人向け健康増進型保険の開発や、楽しみながら健康増進を行うためのデジタルサービスの提供を目指す。また、相互の顧客基盤や販売チャネルを活用し、生命保険販売における協業を行う。


MONEYzine編集部[著]


【関連記事】

住友生命の健康増進型保険「Vitality」、ローソン・スタバ・オイシックスらが特典を提供

インシュアテック市場、2021年度に1790億円、健康増進型保険の開発に向けたデータ収集が進む

テレマティクス自動車保険、導入企業の7割で事故が減少

MONEYzine

「健康」をもっと詳しく

「健康」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ