BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

『アサヒもぎたて期間限定手摘み青梅』 新発売

PR TIMES2月9日(木)14時38分
画像:『アサヒもぎたて期間限定手摘み青梅』 新発売
写真を拡大
画像:『アサヒもぎたて期間限定手摘み青梅』 新発売
写真を拡大
「アサヒもぎたて」のフレーバー5種類が楽しめるバラエティパックも発売

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、RTD(※1)の主力ブランド「アサヒもぎたて」より、期間限定フレーバー<手摘み青梅>(缶500ml・缶350ml)を2017年4月4日(火)から6月末まで、全国で発売します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/16166/193/resize/d16166-193-408197-1.jpg ]


また、「アサヒもぎたて」の定番フレーバー4種<まるごと搾りレモン><まるごと搾りグレープフルーツ><まるごと搾りぶどう><まるごと搾りオレンジライム>と、期間限定フレーバー<手摘み青梅>を詰め合わせた『アサヒもぎたて春限定バラエティパック』を、2017年4月18日(火)より発売します。
(※1)「Ready to Drink」の略。購入後、そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。以下同じ。

『アサヒもぎたて期間限定手摘み青梅』は、ひとつひとつ丁寧に手摘みした青梅を24時間以内に搾汁した果汁を使用し、まろやかな口当たりと程よい青梅の甘酸っぱい味わいの缶チューハイです。アルコール度数9%によるしっかりとした飲みごたえと、新鮮な青梅の余韻が楽しめます。また、独自技術の「新<もぎたて>キープ製法」(※2)を採用することで、果実本来の香味成分の劣化を抑制し、つくりたてのおいしさと新鮮な果実の味わいを実現しています。
(※2)果実本来の香味成分の劣化を抑制し、果実の新鮮な味わいをキープする「アサヒフレッシュキープ製法」を進化させ、より低い温度帯での低温殺菌を実現し、果実由来の新鮮な味わいをより高める製法。

パッケージデザインは、商品名「もぎたて」と、「24時間以内搾汁」を缶体中央に大きく記載し、商品特長を訴求します。「期間限定」のアイコンを上部に配し、摘みたての青梅を想起させるみずみずしい青梅のイラストを描くことで、自然な果実感を表現しました。

「アサヒもぎたて」は、“自然な果実感が楽しめる高アルコールRTD”としてお客様に高く支持いただき、2016年の販売数量は、目標の約1.2倍となる706万箱(※3)となりました。アサヒビール(株)は、「アサヒもぎたて」をRTD事業における代表ブランドとして注力し、TVCMを中心とした広告をはじめ、100万人を対象とするサンプリングや消費者キャンペーンなど、積極的な販促活動を展開し、年間販売目標の達成、並びに事業全体のさらなる成長を目指します。
(※3)1箱=250ml×24本換算。以下同じ。
[画像2: https://prtimes.jp/i/16166/193/resize/d16166-193-428792-0.jpg ]

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「アサヒもぎたて」「アサヒビール」「会社」「東京」の関連トピックス

「アサヒもぎたて」をもっと詳しく

注目ニュース
ドンキ神保町店、わずか8か月で「閉店」 ネットで驚きの声、理由を聞くと... J-CASTニュース9月14日(木)18時41分
東京・神田古書店街に鳴り物入りで2017年2月にオープンしたディスカウントチェーン「ドン・キホーテ神保町靖国通り店」が10月13日に閉店す…[ 記事全文 ]
東京円、112円台前半 北朝鮮情勢で安全資産の円買い 共同通信 47NEWS9月22日(金)10時31分
22日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円台前半で推移した。円は対ユーロで一時1ユーロ=134円台前半に下落し、2015年1…[ 記事全文 ]
スズキ26万台リコール 時事通信9月21日(木)14時53分
スズキは21日、「アルト」など軽乗用車2車種のワイパーが動かなくなる恐れがあるとして、26万5008台のリコールを国土交通省に届け出た。[ 記事全文 ]
値上げのヤマト、佐川、日本郵便 お得な節約術とは NEWSポストセブン9月21日(木)7時0分
日本郵便が9月5日、ゆうパックの基本料金を来年3月から平均12%値上げすると発表した。[ 記事全文 ]
中国高速鉄道350キロ運転…再び「世界最速」 読売新聞9月21日(木)11時10分
【上海=鎌田秀男】中国の高速鉄道が21日、最高時速350キロでの営業運転を約6年ぶりに再開した。死者40人を出した2011年の事故以来、最高速度を約50キロ引き下げて運行していたが、日本の新幹線などを抜いて「世界最速」の座に返り咲いた。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア