「カルピスウォーター」発売30周年!8年ぶりの全面リニューアル実施で“すっきり爽やかな味わい”を再提案します「KOKOROスケール」※1を活用し、飲用後の「爽やかな気分」への変化を数値化に成功

2月9日(火)17時46分 PR TIMES

 アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 米女 太一)は、2021年3月2日(火)に「カルピスウォーター」のリニューアルを行い、30周年を盛り上げる施策を展開します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/39153/300/resize/d39153-300-418724-0.jpg ]

 「いつでも、どこでも飲める『カルピス』」として1991年に発売された「カルピスウォーター」は発売以来、”すっきり、爽やか”な「カルピス」をゴクゴク飲めるという商品価値をお伝えしてきました。2021年は発売30周年を機に、様々な活動を強化することでお客様に改めて「カルピスウォーター」の培ってきた魅力をお伝えしていきます。

■誕生30周年を機に「味わい」と「デザイン」をリニューアル!
 今回のリニューアルでは“すっきり、爽やかな味わい”の追求のため、“甘さ”と“香り”をブラッシュアップしました。甘さ面では幅広いお客様から支持される“甘さ”を追求し、わずかな甘さの違いにまで徹底的にこだわることで、従来品以上のおいしさを実現しました。香り面では「カルピスウォーター」の“爽やかさ”につながる香りを引き立てることに成功しました。

 パッケージは、晴れやかな青空と涼やかな風の動きを表現したすっきり爽やかな新ブランドパネルを採用し、“すっきり、爽やか”という商品コピーをラベル上部に配し商品特長を伝達しています。

■「カルピスウォーター」発売30周年施策について

・「カルピスウォーター」30周年ロゴの展開
 「カルピスウォーター」が発売30周年であるということをお客様にお伝えするためのロゴを作成、TVCMや販促物など30周年施策に関わるものに記載していきます。ロゴのデザインは「カルピスウォーター」の商品パッケージデザインに使用している色のみで構成され、「SINCE 1991」という文言とともに、30年間お客様に愛されてきたことを表現しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/39153/300/resize/d39153-300-512201-2.jpg ]

・30年のご愛顧に感謝を込めて!LINEポイントプレゼントキャンペーン実施
 3月2日(火)〜5月31日(月)の期間で「カルピスウォーター」に貼付しているT-POP記載の二次元コードをスマートフォンにて読み取り、LINE上の専用フォームから応募いただくことで、応募者には“必ず”LINEポイント10ポイントが付与されるキャンペーンです。

【キャンペーン概要】
・タイトル:「カルピスウォーター」30周年記念!日頃の感謝を込めてLINEポイント10ポイントプレゼントキャンペーン
・キャンペーン期間:2021年3月2日(火)10:00頃 〜 2021年5月31日(月)23:59
・参加方法:「カルピスウォーター」に貼付しているT-POPに記載の二次元コードをスマートフォにて読み取り、LINE上の専用フォームから応募していただきます。
・景品  :応募者全員にLINEポイントを10ポイント付与。
・キャンペーンページ:https://lsp-campaign.com/calpis-lp-1/lp.go

※LINE株式会社は、本キャンペーンのスポンサーではありません。
※LINEおよびLINEロゴは、LINE株式会社の登録商標です。

・「カルピスウォーター」30周年限定商品を発売
 2021年夏季には「カルピスウォーター」発売30周年を記念して限定フレーバー商品を発 売予定です。夏場の暑い時期にぴったりな、“すっきり、爽やかでゴクゴク飲める味わい”で、 冷凍でもおいしい設計を予定しています。

・研究成果:発売30年目の新発見「カルピスウォーター」の味わいが心に与える影響
 アサヒ飲料では“ココロの健康”に関連して、清涼飲料飲用時の様々な“ココロの動き”※2に着目し、研究を行っています。その一環として、発売以来、30年に渡りご好評いただいている「カルピスウォーター」を飲むことで、いったいどのように気分が変化するのか、国立研究開発法人理化学研究所生命機能科学研究センター細胞機能評価研究チーム 片岡洋祐チームリーダーの指導のもと、理化学研究所が開発した最新のITを駆使した気分測定手法「KOKOROスケール」を活用し、調査を行いました。 調査は、10〜60代の男女400名を対象に飲用直前と飲用直後の気分を測定し、気分の変化を数値化しました。データの解析の結果から、「カルピスウォーター」飲用後に、「爽やかな気分」が高まることが実証されました(図1)。また「爽やかな気分」が高まると同時に、「こころが満たされる」方向に気分が変化していることも分かってきました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/39153/300/resize/d39153-300-574838-3.jpg ]

※1「KOKOROスケール」:個人の主観的な気分を時間・場所を選ばずスマートフォンなどで簡単に入力できる理化学研究所が開発 した気分測定ツールです。

※2「ココロの動き」:飲用時、飲用後の感じ方の変化を表しています。

※3「気分の分布図」:図左側が飲用前の気分。右側が飲用後の気分。青丸は一人ひとりの気分。赤丸は気分の平均値を示しています。

 「カルピスウォーター」は、1991年に「いつでも、どこでも飲める『カルピス』」として発売し、外でも“すっきり、爽やか”な「カルピス」をゴクゴク飲めることが支持され続け、おかげさまで本年30周年を迎えました。今後も発売当初から変わらない価値をお客様へお伝えしていきます。

商品概要

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/39153/table/300_1.jpg ]



[表2: https://prtimes.jp/data/corp/39153/table/300_2.jpg ]



[表3: https://prtimes.jp/data/corp/39153/table/300_3.jpg ]



[表4: https://prtimes.jp/data/corp/39153/table/300_4.jpg ]



[表5: https://prtimes.jp/data/corp/39153/table/300_5.jpg ]



[表6: https://prtimes.jp/data/corp/39153/table/300_6.jpg ]



[表7: https://prtimes.jp/data/corp/39153/table/300_7.jpg ]



[表8: https://prtimes.jp/data/corp/39153/table/300_8.jpg ]



[表9: https://prtimes.jp/data/corp/39153/table/300_9.jpg ]



[表10: https://prtimes.jp/data/corp/39153/table/300_10.jpg ]



[表11: https://prtimes.jp/data/corp/39153/table/300_11.jpg ]


「カルピス」「CALPIS」「カルピスウォーター」はアサヒ飲料株式会社の登録商標です。

【参考】
●アサヒ飲料の健康に対する取り組み
 アサヒ飲料は、社会として健康意識が高まる中、日本中のみなさまが毎日の「飲みもの」を通じて、ココロもカラダも健康になれる事を目指し、健康課題解決に向けた取り組みを推進しています。
その中で、アサヒグループ独自の確かなエビデンスを有した素材を使用した製品の開発や、「安全」「安心」といった各ブランドがもつベーシックな「健康」価値の訴求を強化することで、「アサヒ飲料=健康に強みを持つ会社」というイメージの醸成を目指して積極的な取り組みを実施しています。また研究開発の分野においても、「健康」価値の追求として“カラダの健康”だけでなく、“ココロの健康”も含めた両面からのアプローチを行っています。

<片岡先生のプロフィール>
国立研究開発法人理化学研究所
生命機能科学研究センター
細胞機能評価研究チーム チームリーダー
医学博士、産業医
専門は、生理学・脳科学・疲労科学・イメージング科学。
現在、こころ・からだの疲労メカニズムや脳の老化に関する研究に従事。

[画像4: https://prtimes.jp/i/39153/300/resize/d39153-300-219626-1.jpg ]

<片岡先生のコメント>
「KOKOROスケール」は、脳科学や心理学研究、行政サービスの向上、企業の商品やサービスの評価、売上や顧客満足度の改善、働き方改革などで活用されています。今回は、長年にわたり馴染みのある発酵乳の味わいが特徴の飲料を飲用した時に感じる主観的な気分の変化を数値化することができました。飲用の前後で、統計学的有意差をもって気分が変化することを実証することができました。「KOKOROスケール」は、時間や場所を選ばず、気分の変化を継続的かつ大量のデータとして簡単に取得することが可能であり、ユーザーが商品・サービスを利用した際に感じる主観的な気分や、その変化を手軽に可視化することが出来ます。そのため、今後も様々な分野での活用が期待されています。

<調査 概要>
・調査内容
・検証実施日  2020年7〜8月
・検証実施場所 都内(新宿、渋谷、吉祥寺)
・被験者    健康な10〜60代男女
・被験者数   400名分のデータを収集
・検証品    「カルピスウォーター」デザインはブラインド、コップに注いで提供
・調査方法   「KOKOROスケール」を用いて飲用前後の気分を定量調査

・検証まとめ
「カルピスウォーター」の飲用前後で、「爽やかな気分」、「こころが満たされる気分」が高まることが実証されました。

・学会発表   日本健康心理学会 第33回バーチャル大会(2020年11月16〜22日)で発表しています※4。

※4「発表タイトル」: 乳性飲料飲用による気分変化の評価

PR TIMES

「カルピス」をもっと詳しく

「カルピス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ