BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

三菱自がスバルに抜かれる日 「世界生産」に変化の波

J-CASTニュース2月11日(土)16時0分
画像:17年はスバルが三菱自を逆転する可能性が
写真を拡大
17年はスバルが三菱自を逆転する可能性が

日本の乗用車メーカー8社の2016年の世界生産台数が発表になった。マスコミ各社は、4年連続で販売台数が世界一だったトヨタ自動車(グループのダイハツ工業と日野自動車を含む)がフォルクスワーゲンに抜かれたことを大きく報じたが、業績好調な富士重工業(スバル)が世界生産で102万台と、初めて100万台の大台を突破し、業績低迷の三菱自動車工業の107万台に迫ったことが隠れたニュースだ。2017年はスバルが三菱自を逆転する可能性が出てきた。

スバルの世界生産台数は2000年代後半から2011年まで60万台前後で推移し、120万台前後の三菱自とは2倍近くの差があった。リーマン・ショックの影響で、近年では最も生産台数が落ち込んだ2009年で比較しても、79万台の三菱自に対してスバルは49万台と、格差は歴然としていた。



レガシィなど北米で人気




ところが、足元のスバルと三菱自の世界生産台数は逆転する勢いだ。スバルの2016年の世界生産台数は前年比9.2%増の102万4604台で、5年連続で過去最高を更新した。これに対して、三菱自は同11.9%減の107万3514台で2年連続のマイナスとなり、明暗を分けた。三菱自は2016年4月に発覚した軽自動車の燃費不正問題で国内販売が同16%減少したほか、海外市場も振るわなかった。



スバルは世界販売の6割を米国が占め、米国市場の販売台数ではトヨタ、日産、ホンダに次ぐ4位の日本車メーカーとなっている。レガシィは北米市場をメインターゲットに開発され、インプレッサ、フォレスターとも生産が販売に追いつかない人気が続いている。このため、米国インディアナ州の現地工場では、トヨタからカムリを受注生産していた製造ラインをスバル専用に改めるなど、日米で生産拡大を急ピッチで進め、初の100万台を達成した。



スバルは2017年、前年比8%増の111万台を生産する計画で、6年連続で過去最高、2年連続の100万台超えを目指している。三菱自は2017年の目標を明らかにしていないが、このまま低迷が続けば世界生産台数がスバルに抜かれる可能性がある。



トランプ政権の影響




日本メーカーの2016年の世界生産はトヨタ897万台、日産555万台、ホンダ499万台、スズキ294万台、マツダ158万台、ダイハツ127万台の順になる。軽が主力のスズキやダイハツと単純比較はできないが、現在、生産台数では最下位のスバルが三菱自を抜き、国内7位に浮上するのか。スバルは輸出比率が6割と、マツダと並んで輸出が多いメーカーだ。とりわけ米国依存が大きいスバルは、米トランプ政権の行方しだいでは、日本車の輸出に何らかの規制が設けられる可能性があり、予断を許さない。



スバルと三菱自は、それぞれ戦前の中島飛行機と三菱重工業が前身で、当時は日本を代表する戦闘機メーカーとして覇を争った。戦後は販売、企業規模とも三菱自が勝ったが、1992年以降はスバルインプレッサWRXと三菱ランサーエボリューションが好敵手となるなど、モータースポーツや商品開発でライバルと目されることが多かった。2017年は世界生産台数でも両社はライバル争いを演じることになる。

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース
この記事のトピックス

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「スバル」をもっと詳しく

注目ニュース
検索結果「自社優遇」グーグルに制裁金…欧州委 読売新聞6月27日(火)22時43分
【ブリュッセル=横堀裕也】欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会は27日、米グーグルが検索サービスの市場で独占的地位を乱用し、EU競争法(独占禁止法)に違反したとして、24・2億ユーロ(約3000億円)の制裁金を科したと発表した。競争法違反で企業に科した制裁金としては過去最高額となる。[ 記事全文 ]
レクサス新型「LS」が日本に! 世界初の技術でドイツ勢に先行できるか (1) 目指すは世界で最も○○なクルマ マイナビニュース6月27日(火)10時43分
トヨタ自動車はラグジュアリーブランド「レクサス」のフラッグシップモデル「LS」の新型を日本で初公開した。[ 記事全文 ]
タカタ経営破たん 下請け従業員6万人の不安 J-CASTニュース6月26日(月)19時51分
エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題をきっかけに経営悪化に陥っていたタカタは、東京地裁に民事再生法の適用を申請、受理されたと2017…[ 記事全文 ]
怒る人 豊田真由子議員とマツコの"雲泥" プレジデント社6月27日(火)9時15分
イライラ、カリカリ……こみ上げる怒りの感情をコントロールするのは難しい。怒りに愛やユーモアを込めることができる人がいる一方、「このハゲーー…[ 記事全文 ]
仮眠とコーヒー、「飲んでから寝る」のが正解だった! ダイヤモンドオンライン6月26日(月)6時0分
『週刊ダイヤモンド』7月1日号の第1特集は「攻める睡眠、守る睡眠」です。近年の脳科学の進歩によって、睡眠のメカニズムが少しずつ解明され、睡…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア