世界のミリ波レーダー用IC市場、2025年までに13億米ドル規模に到達見込み(Lucintel発行レポートより)

2月13日(木)14時30分 ドリームニュース

2020年02月13日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ミリ波レーダー用IC市場:動向・予測・競合分析」 (Lucintel発行) の販売を2月13日より開始いたしました。

当レポートによると、世界のミリ波レーダーIC市場の展望は明るく、自動車、通信、セキュリティ、イメージング、およびヘルスケア業界での機会が見込まれています。2020年から2025年にかけて16.9%のCAGRが見込まれ、2025年までに13億米ドルに達すると予測されています。同市場の主な成長要因は、OEMによる先進運転支援システム(ADAS)テクノロジー採用の増加と、スモールセルバックホールネットワークにおけるミリ波使用の増加です。

ミリ波レーダーIC市場では、24 GHzや77 GHzなど2つのタイプが主に使用されています。77 GHzタイプのミリ波レーダー用ICは、帯域幅が広く、レンジ分解能と精度が向上するため、予測期間中に最高の成長が見込まれています。信号帯域幅が拡大しているため、多様なオブジェクトを区別する能力があり、高解像度も提供しています。

世界のミリ波レーダー用ICは、自動車、通信、セキュリティとイメージング、ヘルスケアなどのさまざまな最終用途産業で使用されています。予測期間中、自動車は引き続き最大の最終用途産業です。高速無線ブロードバンド通信におけるミリ波レーダーICの使用が増加しているため、通信分野では予測期間中、最も顕著な成長が見込まれています。

北米は、安全性に関する厳しい政府規制と自動運転車の需要の増加により、金額ベース・数量ベース共に最大の地域です。欧州では、自動車メーカーのADASテクノロジーの採用増加と車両の安全性に関する政府の規制に支えられ、予測期間中、最高の成長が見込まれています。

業界のダイナミクスに直接影響を与える新興トレンドには、CMOS RFトランシーバーの導入や衛星通信での使用の増加が含まれます。主要なミリ波レーダー用ICのプロバイダーは、Infineon Technologies AG、NXP Semiconductors N.V.、Texas Instruments、United Monolithic Semiconductors、三菱電機です。世界をリードする戦略的コンサルティングおよび市場調査会社であるLucintelは、世界のミリ波レーダーIC市場を製品タイプ、周波数範囲、テクノロジー、最終用途産業、および地域別に分析しています。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/luci922788-millimeter-wave-radar-ic-market-report-trends.html

レポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

ドリームニュース

「レーダー」をもっと詳しく

「レーダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ