『瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA』2018年4月開業!

2月13日(火)15時2分 PR TIMES

地域の遊休資産の活用を実現する
JTBとVILLAGE INC.の連携事業「VILLAGing」第一弾!
瀬戸内海に浮かぶ無人島、通称「くじら島」に1日1組限定貸し切りキャンプ“島”誕生

 株式会社JTB(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋広行)と株式会社VILLAGE INC.(本社:静岡県下田市、代表取締役:橋村和徳、以下 VILLAGE INC.)が連携して行う、地域の「遊休資産を活用し“地域の特別な体験価値を創造する”「VILLAGing〜村づくり〜」事業は、その第一弾として、宇野港土地株式会社(本社:岡山県玉野市、代表取締役:宮原 一郎)の無人島活用プロジェクトを2017年6月より支援していましたが、このたび2018年4月に、1日1組限定貸し切りキャンプ島  『瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA』として開業されることとなりました。
【『瀬戸内 貸切 無人島 KUJIRA-JIMA』概要】
所在地:岡山県倉敷市
敷地面積:約36,000坪 (周囲:約2km)
収容人員:最小4名〜最大80名(予定)
料金:1泊20,000円、日帰り10,000円(大人1名・税別)
(大人1名料金。舟での送迎・キャンピング・アクティビティ用品貸出付。詳細はサイトご参照)
予約開始:平成30年2月13日(火)
開業:平成30年4月28日(土)
施設URL:http://www.kujira-jima.jp/
※ご予約やお問い合わせは上記サイトよりご確認下さい。

[画像1: https://prtimes.jp/i/5912/1442/resize/d5912-1442-245458-0.jpg ]



 当プロジェクトに対し、JTBはVILLAGE INC.と協働しVILLAGing事業として人財育成等を支援いたしました。今後、岡山県玉野市など周辺地域にて展開される健康・食・農などのヘルスツーリズムを推進する玉野コミュニティ・デザイン(*1)や、地域の魅力を活かしたコンテンツを提供する事業者と連携し、体験プログラム開発等、継続的な支援を行ってまいります。

  【事業運営体制】                     【連携イメージ】
[画像2: https://prtimes.jp/i/5912/1442/resize/d5912-1442-355398-4.jpg ]



【参考:VILLAGE INC.とJTBの「VILLAGing」事業について】
 VILLAGing事業は、JTBとVILLAGE INC.が協働で実施する地域の「遊休資産=宝が眠る場所」の利活用支援事業(1.地域開発コンサルティング、2.人財育成、3.特産品開発・販売)です。
当事業は、耕作放棄地・遊休地の利活用などの社会課題の解決に貢献することを目的としVILLAGE INC.(自然環境や地域特性を活かし、特別な体験価値を提供する施設「VILLAGE」を西伊豆町の2ヶ所、南伊豆町、河津町、長野県小諸市、計5ヶ所で運営し、非日常体験を楽しむファンの強い支持を得ている。)と、JTB(全国の営業ネットワークと旅行業で培った人流創出ノウハウで地域活性化事業を推進している。)が、地域に根差した“VILLAGE”を創り上げること(=VILLAGing 〜村づくり〜)で、地域の交流拠点整備、雇用創出、特産品開発を実施します。
 JTBグループは、全国で取り組みを進めている DMC(*2)戦略の一環として、新しい体験価値を地域で創り出す人財育成を基軸としながら、地域での拠点を運営することにより経済波及効果や雇用促進効果を高め、地域活性化を図り、地域資源の掘り起しにより高付加価値化を行ってまいります。
参照URL:http://villaging.villageinc.jp/

(*1)一般社団法人 玉野コミュニティ・デザインとは:「たまの版CCRsea基本構想」の推進に主体的に取組む事業推進主体として玉野市から認定を受け、2017年6月に宇野港土地株式会社と株式会社JTBとで共同設立した法人です。玉野市独自の歴史や文化、国内外に誇る豊かな自然環境等地域資源を活かした地域振興策を実践することで、新たな玉野の価値を創造し、ひいては地域社会の発展に貢献することを目的としています。
(*2)DMC とは:デスティネーションマネジメントカンパニーのこと。豊富な地域の知恵、専門性、資源を所有しイベント、ツアー、 地域交流や地域活性化を企画提案する会社を意味します。

(事業イメージ)


[画像3: https://prtimes.jp/i/5912/1442/resize/d5912-1442-391071-3.jpg ]

PR TIMES

「2018年」をもっと詳しく

「2018年」のニュース

BIGLOBE
トップへ