【四街道市、千葉市、市原市 3市連携事業】学生パティシエが3市の農産物を使用した絶品スイーツを販売します

2月13日(水)14時40分 PR TIMES

学生考案スイーツで地元産品の魅力をPR

[画像1: https://prtimes.jp/i/17159/163/resize/d17159-163-997809-0.jpg ]

 四街道市と千葉市、市原市の経済分野での連携の一環として、オリジナルスイーツをコラボレーションショップ「パティシエのたまご」で期間限定販売します。

 「千葉から羽ばたく未来のパティシエ」であるハッピースイーツ製菓専門学校の学生が地産地消をテーマに四街道市と千葉市、市原市の農産物を使用して、スイーツを考案し、制作から販売までを行います。学生が自ら一連の作業を行うことで、消費者へ生産者の想いをスイーツでつなぎます。

 制作過程では、学生が各市の紹介した市内生産者を訪問し、生産者の農産物への思いと食材に対する理解を深めることで、生産者の想いが詰まった地元産品の魅力にあふれるスイーツが完成しました。

(写真)四街道市産のイチゴを使用したスイーツ
左上:甘い乙女心? 右上:フレーチェ 左下:いちピー 右下:エペル


■市長コメント
 四街道市産のイチゴを使用した4種のスイーツを試食いたしました。
 素材の活かし方を工夫されていて、味も見た目もとても楽しめました。イチゴそのものの味を楽しめるこのスイーツを、ぜひ多くの方々に召し上がっていただきたいと思います。
[画像2: https://prtimes.jp/i/17159/163/resize/d17159-163-419669-1.jpg ]


■日 時
平成31年2月15日(金)・16日(土)両日とも11時〜なくなり次第終了

■場 所
コラボレーションショップ「パティシエのたまご」2019
JR千葉駅東口1改札外コンコース(ペリエ千葉本館3階メインエントランス横)

■販売数
15日(金) 12種類×80個
16日(土) 12種類×120個 計2,400個

■価 格
税込350円

■使用産品(生産者)
四街道市 イチゴ(三石いちご園 三石浩さん)
千葉市 ミニトマト(エアート・ベーレ 田中幸男さん)
市原市 イチジク(元吉和昭さん)

■主 催
(株)千葉ステーションビル、(学)中村学園ハッピースイーツ製菓専門学校

■後 援
四街道市、千葉市、市原市

■趣 旨
 3つの市域を1つの圏域と捉え、こども・子育て支援の分野や経済分野などにおいて、新たな広域連携の取り組みを推進しています。
 その一環として、地産地消をテーマに、3市の産品を使用したオリジナルスイーツの販売を行なうことで3市の魅力をPRします。

 なお、(株)千葉ステーションビルから会場の提供・周知、(学)中村学園ハッピースイーツ製菓専門学校から企画・販売などの協力を得ています。

PR TIMES

「スイーツ」をもっと詳しく

「スイーツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ