マツダの「SKYACTIV-X」、イタリアで自動車技術賞を受賞

2月13日(火)21時51分 財経新聞

「Q Global Tech Award」受賞式の様子。(写真: マツダの発表資料より)

写真を拡大

 マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」がイタリアのミラノで将来が期待される自動車技術に贈られる「Q Global Tech Award」を受賞した。

【こちらも】【マツダ・SKYACTIV-X・新エンジンEVを駆逐するか?】SPCCIで燃費3割改善

 「Q Global Tech Award」は、1956年に創刊したイタリアの自動車専門誌「Quattroruote(クアトロルーテ)」誌が主催するヨーロッパの自動車業界の重要なイベントの1つである「Quattroruote Day」において、同誌をはじめとする世界15カ国の自動車専門誌の委員によって選出される賞。今年の「Quattroruote Day」において「SKYACTIV-X」が技術史に最も名前を残すような革新的な技術として高く評価された。

 マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」は火花点火式のガソリンエンジンの優れた伸び感や排気浄化性に圧縮着火式のディーゼルエンジンの初期レスポンスと燃費の良さを組み合わせて開発したマツダならでの革新的なエンジン。燃焼方式には世界初の「火花点火制御圧縮着火(Spark Controlled Compression Ignition)」を採用しており、ガソリンエンジンにおいて圧縮着火を制御する技術の実用化に世界で初めて成功した。鋭いレスポンスに力強く爽快な加速、これまでにない低燃費と環境性能を高次元で両立して「SKYACTIV-G」よりも20〜30%の燃費改善を目指している。

 マツダの藤原清志専務執行委員は、「量産前のタイミングでこのような高い評価をいただけたことは、これから最後の機能開発や品質確認などを進めていくチームメンバーにとって大きな励みになる」と話し、「皆様からの大きな期待を励みとして、最後の作りこみをしていきたい」と語った。

財経新聞

「イタリア」をもっと詳しく

「イタリア」のニュース

BIGLOBE
トップへ