10〜12月の実質GDP、年率0.4%減 3期連続マイナス

2月14日(木)15時1分 J-CASTニュース

   内閣府が2013年2月14日に発表した12年10〜12月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.1%減、年率換算で0.4%減となった。3四半期連続のマイナスとなったが、減少幅は前期(年率3.8%減)から縮小した。



   自動車や産業機械など、海外経済の低迷に伴う輸出の不振が大きな原因。企業の設備投資も振るわなかった。ただ、個人消費や公共投資が堅調。公共投資は、被災地での事業を中心に1.5%増と4四半期連続のプラスとなった。

J-CASTニュース

「GDP」をもっと詳しく

「GDP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ