今年はGODIVAとコラボ、ブラックサンダー「中の人」が語るSNS

2月14日(木)14時0分 NEWSポストセブン

東京駅構内の義理チョコ専門店「ブラックサンダー 義理チョコショップ」

写真を拡大

 今年のバレンタインデー商戦では、高級チョコの代表格であるゴディバと「ブラックサンダー」(30円)で知られる有楽製菓がコラボを行い、話題となっている。東京・小平市にある有楽製菓の社内にゴディバのブースができ、同社社員が自由にゴディバのチョコレートを食べられるようになっているのだ。マーケティングや広報関連サイトAdver Times(アドタイ)には「本命vs義理!?ゴディバとブラックサンダーの意外なバレンタイン共同戦線」という記事が2月13日に掲載され、昨年来の両社の関係について明かされている。


 もともとの発端は、2018年のバレンタインデー商戦に遡る。ゴディバジャパンがジェローム・シュシャン社長名義で「日本は、義理チョコをやめよう」というメッセージ広告を日経新聞の全面を使って展開したのだ。これには賛同の声が相次いだが、そこにかぶせる形でツイッターで義理チョコ文化支持を表明したのが有楽製菓だ。


〈とある広告が話題のようですね よそはよそ、うちはうち。 みんなちがって、みんないい。 ということで有楽製菓は引き続き「日頃の感謝を伝えるきっかけ」として義理チョコ文化を応援いたします〉


 これが大いに話題となり、2018年のバレンタインデー商戦をめぐるキャンペーンの二大巨頭としてゴディバと有楽製菓がその後多数取り上げられた。そして今年、有楽製菓は東京駅構内に義理チョコ専門店「ブラックサンダー 義理チョコショップ」を1月26日から2月14日まで展開。さらに同社は「【世界一ギリに近い島?!ギリ島旅行が当たる】ぶっち義理!!なフォロー&RTキャンペーン」を実施中。抽選で1組1名様にインドネシア・ギリ島旅行(3泊5日)が当たるのだという。


 今年はかくして両社のコラボ企画が実現し、さらには「義理」を前面に押し出すキャンペーンを展開中なわけだが、ここまで発展したのもゴディバの広告に「ブラックサンダー」ツイッターの「中の人」が反応したからに他ならないだろう。一体当時は何を考え、あのような行動に出たのか。改めて聞いてみた。


——「義理」で売ってきた有楽製菓としては、ゴディバのあの広告に対し、どうメッセージを発するか悩んだのでは?



中の人:有楽製菓としては、1本30円(税抜)というお手軽価格のブラックサンダーは、贈る側も、もらう側も気兼ねなく利用でき、義理チョコにピッタリだと考えています。また、義理チョコ自体は「日頃の感謝の気持ちを伝えるきっかけ」として良いものだと考えています。しかし、「義務チョコ」という言葉もあるように、バレンタインや義理チョコを負担に感じている人も多くいることも存じあげています。その中で、負担に感じている人にも「義理チョコは30円のブラックサンダーでいいんじゃない?」というメッセージが伝われば良いと思い、投稿しました。


 2018年2月1日に日経新聞の1面広告として、ゴディバ様が「日本は、義理チョコをやめよう」というメッセージを出され、SNS上で拡散され義理チョコの是非についてさまざまな意見が交わされていました。


 その中で、ブラックサンダーが2013年から「一目で義理とわかるチョコ」というコピーで義理チョコとしての活動を行っていたこと、またその前日にツイッターで歴代の義理チョコパッケージの紹介をしていたことや、ちょうど義理チョコ専門ショップのオープン期間中であったこともあり、過去の投稿や店舗・広告の画像が拡散されていました。そのような状況もあり、「義理チョコ代表として、ブラックサンダーはどう出るのか?」と注目されているようには感じておりました。


——それであのメッセージを出したらあそこまでの反響になったわけですね。多数の報道もされましたが、その後の大反響を通じ、何かSNS活用への意識は社内で変わりましたか?


中の人:自社アカウントの投稿でもっとも拡散されましたが、このおかげで何かが大きく変わったという認識はありません。もともとは、新商品紹介の投稿のみを行っていたのですが、2017年の夏ごろより、商品のお知らせ以外の投稿も徐々に始めていました。


 SNSを活用することは、マス媒体での宣伝広告とは異なり、私たちのメッセージが一方通行ではなく、商品や私たちのメッセージに対しての感想や期待感、そしてご指摘などの反応が返ってきます。そして、可能な限りレスポンスすることやお客さまの投稿に対応(いいね、リツイート)することで、ブラックサンダーのファンと一種のコミュニティがつくり出せたのかなと感じています。また、ブラックサンダーのブランドがもつキャラクター性とSNSという場の親和性が非常に高いということかもしれません。


 SNSでいただいたコメントや反応は、商品の企画などにも活かせることはもちろん、ファンの皆さまが拡散していただけるので、広くブランドを知っていただけるのかなとは思いますが、もともとお客さまと真摯に向き合いながらおいしいお菓子を作りだしていくことを徹底してきた私たちにとって、お客さまと結びついていくひとつのツールとしての意識に大きな変わりはないんです。


 今後もブラックサンダーの独特な世界観を発信して、お菓子を食べるときと同じように、SNSの場でも楽しんでいただけるようにしていきたいです。

NEWSポストセブン

「ブラックサンダー」をもっと詳しく

「ブラックサンダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ