職場のファイリングでは、89%がパンチ穴の破損を経験 「書類のファイリング」に関する調査を実施

2月15日(木)11時30分 @Press

コクヨグループでオフィス通販を行う株式会社カウネット(本社:東京都大田区/社長:高橋 健一郎)は、オフィスの実態やお困りごとについて調査するモニターサイト「カウネットモニカ」において、2018年1月11日から2018年1月17日に全国の有職者を対象に「書類のファイリング」に関する調査を実施しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/149361/LL_img_149361_1.png
職場でのファイリング方法、およびパンチ穴の破損について

■2穴タイプのファイリングをしている人が92%
現在行っている職場でのファイリング方法は、「書類に2穴パンチなどで通し穴を開け、パイプファイル・リングファイルなどで綴じる」が92%と高い結果となりました。ファイリングの方法は様々ですが、最もポピュラーな手段と言えそうです。
https://www.atpress.ne.jp/releases/149361/img_149361_2.png


■2穴パンチなどで開けた通し穴、89%が破損経験あり。パンチラベルで補強する人が82%
2穴パンチなどで開けた通し穴の破損経験については、89%が「ある」と回答しました。その中で、通し穴の破損を見つけた際に「対処した」人は89%で、具体的な対処方法は、「専用のパンチラベル(補強シール)を利用した」人が82%となりました。補強する際に大変だったことを聞くと、「一度ファイルから書類を取り出してパンチラベルを貼り、再度ファイルに戻す作業が面倒」といった回答があがりました。
https://www.atpress.ne.jp/releases/149361/img_149361_3.png

※詳しい調査結果は、下記ホームページでご確認ください。
URL: https://www.kaunetmonika.com/office_life/?action=entry&id=35

<ご参考>
お仕事のお困りごとを解決するためにカウネットが独自に工夫したオリジナル商品「カウコレ」プレミアムの中から、『ファイリングしたまま貼れるビニールパッチ』をご紹介します。

【商品概要】
品名 : ファイリングしたまま貼れるビニールパッチ
商品番号 : 4275-4107
価格(税込): 1,058円
商品の特長: C型のビニールパッチだから書類をファイルに綴じたままでも
破れた穴の補強ができる。書類をファイルから抜き取る
手間がなく効率的な補強作業が可能に。
URL : https://www.kaunet.com/rakuraku/variation/00014864/

○商品関連画像
https://www.atpress.ne.jp/releases/149361/img_149361_4.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/149361/img_149361_5.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/149361/img_149361_6.jpg

この調査結果を引用・転載いただく際には、下記を出典元として記載してください。
「カウネットモニカ」 http://www.kaunetmonika.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「職場」をもっと詳しく

「職場」のニュース

BIGLOBE
トップへ