ベストセラー耳せん「サイレンシア(R)」が3月3日“耳の日”にサンプリングイベントを開催!

2月15日(木)11時0分 @Press

DKSHジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:マイケル・ロフラード)は、2018年3月3日に有楽町の東京交通会館前にてサンプリングイベントを実施します。

本イベントは、3月3日の“耳の日”を通して、耳を大切にすることを呼びかけるキャンペーンとして毎年実施を企画しています。今年のイベントでは、昨年9月に発売した「SILENCIA(R) DAILY」をサンプリングします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/148791/LL_img_148791_1.jpg
「SILENCIA(R) DAILY」パッケージ画像

北欧生まれの「SILENCIA(R) DAILY」は、キュートで元気なビビッドカラーのピンクに、女性の耳にフィットしやすいスモールサイズのイヤープラグ(耳せん)です。
音が気になる場所で、集中して仕事や勉強をしたいときに最適で、耳障りな高周波ノイズを低減しながらも、必要な人の声は聞こえる性能となっています。
また、騒音から耳を休めてリラックスしたいときなど、ON/OFF兼用で使えるイヤープラグが近年の頑張る女性のDaily Lifeをサポートします。

さらには、連動キャンペーンとして、Instagramに「#33サイレンシア」を付けて「SILENCIA(R) DAILY」の使用シーンを投稿すると、ドリンクチケットが当たる連動キャンペーンも実施します。

ぜひ、このイベントで「SILENCIA(R) DAILY」をゲットし、イヤープラグでいつもよりちょっと快適ライフをご体感ください。


【イベント詳細】
実施日:2018年3月3日(土)
場所 :有楽町 東京交通会館前 サンプリングエリア
時間 :10時〜18時 ※なくなり次第終了
※サンプルでお渡しする「SILENCIA(R) DAILY」は1ペア入りの試供品になります。


【製品情報】
商品名 :SILENCIA(R) DAILY(サイレンシア(R) デイリー)
価格 :460円(税別)、耳栓4ペア入り
素材 :ポリウレタン
原産国 :スウェーデン
遮音値*1 :SNR 33dB *2
サイズ・形状:スモール・ベル型

*1 ISO(国際標準化機構)によって定められる遮音性能の指標です。DKSHジャパンが取り扱うイヤープラグは第三者機関で実施された試験結果に基づく遮音値を表示しています

*2 電車の車内(約80dB)が静かなオフィス(約50dB)になる遮音力です。耳障りな高周波ノイズをカットしながらも完全に音を遮断せず、必要な人の声は聞こえる性能


■サイレンシア(R)について( http://silencia.jp/ )
サイレンシア(R)は、耳せんのトップブランドで、耳を大切にしながらストレスを軽減し、心地よく生活をするために欠かせない商品です。1986年、日本ではまだ硬いゴム製が主流だった中、アメリカで開発されたやわらかい耳せんの特性に着目し、日本に紹介したところからスタートしました。
ソフトで耳に優しくピッタリとフィットし効果的な遮音性が特徴で、ベストセラーのレギュラーをはじめ、女性用や子ども用、水泳用や気圧変化による耳の痛みを軽減する飛行機用耳せんなどさまざまな商品でお客様のニーズに応えています。


■DKSHジャパンについて
DKSHジャパン株式会社は、世界36ヶ国に770拠点を有するスイスのグローバル企業「DKSHグループ」の一員です。1865年(慶応元年)に横浜で創業した「シイベル・ブレンワルド商会」を源流として、日本の産業と文化の発展に貢献してきました。2009年4月に社名を日本シイベルヘグナーからDKSHジャパンに改称、2015年11月に創業150周年を迎えました。
「DKSHグループ」は、アジア諸国に強固なネットワークとブランド力を持ち、ビジネスパートナーに新規および既存市場でビジネスの拡大と利益をもたらす「マーケットエクスパンションサービス」のリーディングカンパニーであり、DKSHジャパンはその中核を担っています。
現在、DKSHジャパンは「消費財事業部門」「生産資材事業部門」「テクノロジー事業部門」の3つの事業部門を展開しています。消費材事業部門は、スイス時計「オメガ」や「モンディーン」などを日本に伝え広めるなど、高性能のスイス時計や筆記具の輸入取扱いとして長い歴史と経験を有しており、現在もモーリスラクロアなどの高級時計、ファーバーカステルやラミーなど歴史ある高品質の筆記具を扱っています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「ベストセラー」をもっと詳しく

「ベストセラー」のニュース

BIGLOBE
トップへ